fc気まぐれなるままに~?!

ブロガーイベント、インターネット、ガンダム、車、動画、デジカメ写真など、気になったもの拾い出してネット検索しつつあれこれ書き連ねています。

ブログパーツ

ACR WEB List


良くご覧頂いているページ

良く参照して頂いているページAll

Scroll最近の記事


フリーエリア

    スポンサーサイト 

    この記事のカテゴリ スポンサー広告 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ --/--/-- --:-- ]
    この記事と同じカテゴリ スポンサー広告



  1. |
  2. このページのトップへ
  3. 2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

    晴れた日の昼下がりの桜 

    この記事のカテゴリ 写真 |
    厚木の愛川中津川河川敷の桜

    In the woods of cherry blossoms of the pale pink

    Nikon D5000 AF-S DX Nikkor 18-55 + Rowa 0.45x WideConversion

    淡いピンクの桜の林の中で

    河川敷に植えられていて、その中に入り込むと不思議な林みたいな空間になっていました。
    雑木林なら上は葉の緑や青で包まれているところが、桜色に包まれると言った状態。

    ワイコンのフレアが出ちゃってます。
    レンズフィルタ 67mm 用で割と大型なんでどうしても拾っちゃいますね。



    All over cherry tree

    Nikon D5000 AF-S DX Nikkor 18-55 + Rowa 0.45x WideConversion

    外から俯瞰すれば桜の並木といった感じではあります。




    P4122003_r2

    Olympus E-520 (4/3rd) + Nikkor 105mm f2.5

    並木の下を二人お散歩

    でも良くみるとその右に更に一匹~

    まるっきり順光かつ遠景のため、陰影乏しくなっちゃっています。
    その代わりとっても穏やかな陽気が出てますが。



    Two people who stroll in cherry blossoms in river area

    Olympus E-520 (4/3rd) + Nikkor 105mm f2.5

    河川敷の桜の中を散歩する二人


    河川敷が3段くらいになっているのでその高さを利用して、桜、人物、川面で。

    川向こうんお木立が外せると良さそうなのですが位置取り変えるとこんな感じの構図が得られない。

    川があって逆光、そうなるとその川面のキラキラの反射光を取り入れてみたくなる。



    It shakes to the surface of a river.

    Olympus E-520 (4/3rd) + Nikkor 50mm f1.4 + Olympus Macro Conversion(Closeup Lens)

    川面に揺れて

    背後に逆光に光る川面。
    この逆光をなんとか入れようとしたのですが、風が強くてなかなか撮れない。
    やっとこさっとこフレームに収まったところ。
    川面を入れ込むには背伸び気味にしないとうまく入らずいい加減粘ってしまいました。
    もっと川の反射が一杯だったらなぁ~。
    三脚無しだとこんなものでした。

    手持ちの nikkor 50mm はレンズ内部微細なつぶつぶが出ていて、順光ならうもれてくれるのですが逆光では、レンズの中で光が暴れちゃう感じではあります。
    曇りの日にはとっても良く活躍してくれます。


    Ahead still

    Nikon D5000 AF-S DX Nikkor 18-55 + Rowa 0.45x WideConversion

    まだ先へ

    河川敷で開けているので折角なので広角側を多用。
    桜の木の幹の法まで行くと随分と枝が伸びていました。
    こんな調子で伸びていると、数年だったり、暴風雨なんかでの何かの拍子でぽっきり行っちゃうんじゃないのか?と言う伸び具合。



    DSC_5278_r

    Nikon D5000 AF-S DX Nikkor 18-55 + Rowa 0.45x WideConversion


    で ROWA の 0.45xワイコンですが、実は SIGMA の18-125 OS HSM に付けられるようにフィルタ径 67mm の結構大型です。ワイコン自体のフィルタ径82mm なんて調子ですし。大型であれば、ステップアップリングでフィルタ径小さいレンズに付けられますし、そうなればワイコンのレンズ中心部を使うようになって描写も無理が少なくなるでしょうし。

    結果としてSIGMA の 18-125 OS HSM がワイコン等つけない常用レンズ、D5000 キットレンズの Nikon AF-S nikkor 18-55 にこのワイコンつけたものがワイド&クローズアップレンズとして役割果たしていました。18-55ならワイコンの重みでモーター不調起こしても、出回っている量は大量にありますし。でもワイコンのキャップを落としてしばらく眠っていましたが、キャップ自作して復活。100均食品コーナーの蓋つき透明容器の蓋にクッションテープとビニールテープと言うチープな作りですが。

    昨年の静岡ガンダム撮った際にワイコン用のレンズキャップ落としてしまっていたのですよね。
    あ~ 静岡ガンダムflickrにはアップしてたけど記事かいてなかったか。
    http://www.flickr.com/photos/julajp/sets/72157624708063141/(新規Windowでflickr開きます)

    一方 Olympus E-520 だと望遠側で手ブレ補正も利く。その代わり広角側がつらい。

    そして今回フォトショのレンズ補正弄繰り回したら、周辺の流れは兎も角として、歪曲収差、色収差が補正できるので、 D5000 が広角&標準&広角クローズアップ担当として復活してしまったという感じです。
    でE-520 が 望遠側担当なんて感じになりそうです。
    ただし、動き物は D5000 となりますし、ここぞというものは D5000 の出番ですが。

    テーマ: - ジャンル:写真


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2011/04/22 15:12 ]
    この記事と同じカテゴリ 写真

    関連タグ 関連タグ 厚木 関連タグ 関連タグ 愛川 関連タグ nikon 関連タグ D5000 関連タグ olympus 関連タグ E-520 関連タグ ワイコン

  4. | トラックバック(0)
  5. | コメント(0)|
  6. このページのトップへ
  7. 2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://julajp.blog53.fc2.com/tb.php/838-d63b441e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)







    FC2Ad

    みんぽす

    Lc.ツリーカテゴリー

    カレンダー(月別)

    06 ≪│2018/07│≫ 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    にほんブログ村/BP

    にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

    ◆ex人気ブログランキング - ex気まぐれなるままに~?! ◆mk人気ブログランキング - jula / きまぐれNOTE(Rider) ◆fc人気ブログランキング - fc気まぐれなるままに~?!

    サイトマップを表示する

    別窓でサイトマップを表示する

    全ての記事を表示する

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。