fc気まぐれなるままに~?!

ブロガーイベント、インターネット、ガンダム、車、動画、デジカメ写真など、気になったもの拾い出してネット検索しつつあれこれ書き連ねています。

ブログパーツ

ACR WEB List


良くご覧頂いているページ

良く参照して頂いているページAll

Scroll最近の記事


フリーエリア

    スポンサーサイト 

    この記事のカテゴリ スポンサー広告 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ --/--/-- --:-- ]
    この記事と同じカテゴリ スポンサー広告



    • --/--/--(--) --:--:--|
    • スポンサー広告
  1. |
  2. このページのトップへ
  3. 2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

    月面Zoom-EX-FH20デジタルズーム込みで80倍ズームの威力 

    この記事のカテゴリ レビューレポート |
    雲間から覗く月光に誘われ月を写して見ました。

    本ブログで登録している「みんぽす」にて
    カシオHIGH SPEED EXILIM EX-FH20をお借りしました。

    このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

    • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

    • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


    現在「モノフェローズ」メンバー募集中です。サービスやメンバーになれないか?などの興味のある方はこちら

    みんぽすやモノフェローズって何?と思われた方、宜しければ上記のリンク確認して見てくださいね。
    みんぽす


    1





    CASIO EX-FH20 光学20倍+デジタル4倍ズームがあります。

    光学20倍 × デジタル 4倍 → 光学ズームとデジタルズーム併用で80倍 !

    以前のセミナーレポート記事(カシオ HIGH SPEED EXILIM EX-FH20 セミナーに参加させて頂きました)で掲載した、カシオ計算機会議室からの東京タワーズーム写真ですが、あれは光学20倍のものでした。



    デジタル併用ではあっても80倍となると、もしや月とかも?

    と、言う訳で野暮用で夜にドンキに買い物なんてに行った際、三脚も無しに手持ちのままで雲間の月を撮ってみました。


    で、この丸い月?!じゃなくて
    植え込みの中のライト。
    夜景モードで撮っています。


    照明のちょい左下あたりの緑の植え込みあたりでピントをあわせて、測光の基準となるようにしています。

    被写体が発光している月を撮った場合も雰囲気としてはこういう方向性で撮れてくるのではないか?

    露出時間 1/6
    Fナンバー F4.5
    露出プログラム プログラムオート
    ISO感度 800
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:40
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 マルチパターン測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 48.1mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 0
    レンズの焦点距離(35mm換算) 272mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード



    2



    そして建物越しに見上げると雲間に月
    夜景モードにすると、コントラスト、彩度、シャープネスなどがそれぞれハード(+2)、強め(+1)、ハード(+2)に設定されるようです。

    暗い状況ですから輪郭を浮かび上がらせる事に寄与する設定なんでしょうね。

    露出時間 1/3.3
    Fナンバー F2.8
    露出プログラム プログラムオート
    ISO感度 800
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:40
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 マルチパターン測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 4.6mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 0
    レンズの焦点距離(35mm換算) 26mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード





    3



    建物の上、そして雲の上に浮かぶ月という感じで撮っています。

    測光モードをスポット測光にしています。
    スポット測光では、マルチパターン測光で画面全体から満遍なく明るさ拾うのでなく、焦点合わせたとこで明るさの基準を決定出来る形になります。

    月でピントを合わせようとすると、建物は真っ黒に潰れてしまいますから、敢えて、月よりちょっと横の雲でピントを合わせつつ測光するようにしています。

    雲がAWBの基準光源となってくるのでしょうか、AWBが認識したバランス点で色合いが変わってきます。

    露出時間 1/1.3
    Fナンバー F3.6
    露出プログラム プログラムオート
    ISO感度 800
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:48
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 スポット測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 13mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 0
    レンズの焦点距離(35mm換算) 73mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード




    4




    こちらもスポット測光。
    水蒸気の塊の雲の微妙なプリズム効果辺りで赤っぽさを拾ったのか青み側に振れているようです。
    夜空と雲なんて点ではこの色合いの方が上の写真よりらしかったりしますね。

    露出時間 1"
    Fナンバー F3.6
    露出プログラム プログラムオート
    ISO感度 800
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:48
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 スポット測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 13mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 0
    レンズの焦点距離(35mm換算) 73mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード



    5




    同じくスポット測光。
    今度はかなり月に近い雲で焦点あわせました。
    結果、空、建物とも暗くなって建物のライトと月が写っている形になりました。
    ちょっとホラーやサスペンスチックな気配。


    露出時間 1/4
    Fナンバー F4.2
    露出プログラム プログラムオート
    ISO感度 800
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:46
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 スポット測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 22.6mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 0
    レンズの焦点距離(35mm換算) 128mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード



    6




    マルチパターン測光
    雲間の月で焦点あわせています。
    光学ズームで一杯のとこです。
    光学ズーム一杯だと月面の陰影など無く光る球体と言った感じで月へのピントなのか雲でのピントなのかと非常に迷っていました。

    露出時間 1/25
    Fナンバー F4.5
    露出プログラム プログラムオート
    ISO感度 800
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:42
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 マルチパターン測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 92mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 0
    レンズの焦点距離(35mm換算) 520mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード




    7




    そして光学ズーム一杯からデジタルズームもめい一杯効かせたデジタルズーム4倍合わせて80倍ズーム。

    月面が撮れました。
    ウサギが餅搗いていそうですね。

    因みにこれ、体は背中が寄りかかれるところに預けつつ三脚使っていない手持ちでの撮影でした。
    手持ちで超高倍率だと、呼吸や微妙な体の揺れ振るえからくる細かいぶるぶるで被写体がフレームに収まりきらずはみ出していってしまうのですよね。
    液晶ではなく、ファインダーを使う事で脇を締められますのでファインダー越しに覗いていました。
    月がフレームからはみだしたりしつつもシャッターきってみると撮れているのありました。

    今回の夜間月の撮影では、AFエリアは流石に自動追尾に設定しています。

    被写体自体が光っているので、ピントもなかなか来ないのですけどね。


    露出時間 1/320
    Fナンバー F4.5
    露出プログラム プログラムオート
    ISO感度 400
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:43
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 マルチパターン測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 92mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 4
    レンズの焦点距離(35mm換算) 520mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード



    8




    こちらも手持ち、但しスポット測光に設定を変更して撮ったため、明るく飛んでしまわないようにシャッタースピード調整してきたようです。

    次の写真は、前日の晩に三脚で撮影した月を行きます。


    露出時間 1/400
    Fナンバー F5.6
    露出プログラム プログラムオート
    ISO感度 100
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:45
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 スポット測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 92mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 4
    レンズの焦点距離(35mm換算) 520mm
    ゲインコントロール None
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード


    ----

    1




    三脚にカメラをセットしていますが、テラスの軒下から真上の方覗き込む形で撮っていました。
    このためきっちり三脚広げ切れて居らず、カメラの角度を替えられる一脚的な使い方になっていました。

    ですが手持ちに比べれば雲泥の差

    カメラの向きが固定されたまま、最大望遠で月を眺めていると月がじりじり逃げていきます!
    地球の自転やら月の軌道やらで、月が同じ場所に静止している訳でないことに改めて気付かされます。


    デジタルズームの分の画像の荒れはありますが、ここまで撮れてしまうのは驚きです。

    露出時間 1/400
    Fナンバー F4.5
    シャッタースピード
    露出プログラム プログラムオート
    絞り値
    ISO感度 100
    原画像データの生成日時 2008/11/14 0:14
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 マルチパターン測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 92mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 4
    レンズの焦点距離(35mm換算) 520mm
    ゲインコントロール None
    コントラスト ノーマル
    彩度 通常
    シャープネス ノーマル



    2



    三脚設置であっても、発光体ですので丁度月面にピントが合うというのがなかなか難しかったりしていました。

    かと言ってMF(マニュアルフォーカス)だと、発光体相手に丁度のピントも判りがたく、またMF自体が間隔的な操作がやりにくいのですよね。

    せめて、プレイステーション2以降のコントローラで採用された、スティックや各ボタンのアナログ検出。
    もしくはズームレバーにあるようなMF操作速度の可変幅を上手く持たせられるとMFも楽になってくるのじゃないかと思います。

    EX-FH20では超高速であったりマルチモーション、ムーブイン連写ムーブアウト連写などがあるのでマニュアルフォーカスしたいニーズは結構あるのですよね。

    室内やスタジオであれこれセッティング出してのムーブイン連写ムーブアウト連写であれば、じっくりフォーカスしている余裕ありますが、野外でその時々を瞬時にとなると、MFのしやすさが非常に大事になってくると思います。


    それにしても、月下方の周囲輪郭を見てみると綺麗な球面ではなく、クレーターなどで結構ガタガタしているのは凄いです。


    露出時間 1/1000
    Fナンバー F5.6
    シャッタースピード
    露出プログラム プログラムオート
    絞り値
    ISO感度 100
    原画像データの生成日時 2008/11/14 0:14
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 マルチパターン測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 92mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ 夜景
    デジタルズーム 4
    レンズの焦点距離(35mm換算) 520mm
    ゲインコントロール None
    コントラスト ノーマル
    彩度 通常
    シャープネス ノーマル



    3



    そしてデジタル4倍ズームがかかっていない光学20倍ズーム。

    こうなると光る被写体のため、また間に雲があったりするためどこで合焦していいのか迷いつつ、とりあえずどこかで合焦したように示してきていました。
    けどピントどこにも合っていないですね。
    まあこれは本格的な一眼でも難しいのだと思います。


    露出時間 1/10
    Fナンバー F4.5
    シャッタースピード
    露出プログラム プログラムオート
    絞り値
    ISO感度 800
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:36
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 マルチパターン測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 92mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 0
    レンズの焦点距離(35mm換算) 520mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード



    4



    手持ちだと手ブレも絡んできて余計にピントが出にくく雲を絡めつつとか狙ってもなかなかむずかしいですね。


    露出時間 1/13
    Fナンバー F4.2
    シャッタースピード
    露出プログラム プログラムオート
    絞り値
    ISO感度 800
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:49
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 スポット測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 70mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 0
    レンズの焦点距離(35mm換算) 396mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード



    5



    これなんか雲越しの月になったようで、不思議な絵になってきていました。


    露出時間 1/10
    Fナンバー F4.6
    シャッタースピード
    露出プログラム プログラムオート
    絞り値
    ISO感度 800
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:42
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 マルチパターン測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 59.8mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 0
    レンズの焦点距離(35mm換算) 338mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード




    7



    これは雲でピントが合ったようです。

    露出時間 1/1.7
    Fナンバー F3.2
    シャッタースピード
    露出プログラム プログラムオート
    絞り値
    ISO感度 800
    原画像データの生成日時 2008/11/14 23:36
    露光補正値 0.0EV
    レンズ開放F値 F2.8
    測光方式 マルチパターン測光
    光源 不明
    フラッシュ 発光禁止
    レンズ焦点距離 7.9mm
    色空間情報 sRGB
    カスタム画像処理 Normal process
    撮影モード Auto exposure
    ホワイトバランスモード Auto white balance
    シーン撮影タイプ スタンダード
    デジタルズーム 0
    レンズの焦点距離(35mm換算) 45mm
    ゲインコントロール High gain up
    コントラスト ハード
    彩度 強め
    シャープネス ハード



    それにしても手持ちで月夜の夜空。
    こんなのが撮れてくるのは楽しいです。
    そしてデジタルズーム込みだと月面までも捉え写し出してしまう。

    まだ記事としては起こせていませんが、1000fpsなどハイスピード動画での水滴など場合はシャッタースピードの速さから相当の光量が要求され、またそこに更にズームを利かせようとするとなかなか思うように撮れなかったりします。

    また例えば他社一眼ゆえの精妙さ、精緻さで比べてしまうとそれは当然見劣りしてしまいます。

    ですが、カメラとしてのカバー範囲の広さ、網羅性、搭載された機能を考えるとコストパフォーマンスとしてはトンデモ無いもの持ち合わせています。

    下手したら数年前のプロ用機材の域に入っちゃっているのでは?
    動画の部分はまだまだ色々制約が入っちゃいますが、カメラとして見た場合、とりあえず撮れないものが無いんじゃ無いか?という勢いのカバー範囲の広さは物凄いものがあります。


    あ、ところで野暮用、この手のものでしたが・・・(溢れる。もう駄目。抜いて~?!)

    テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/11/16 01:46 ]
    この記事と同じカテゴリ レビューレポート

    関連タグ カシオ 関連タグ CASIO 関連タグ 関連タグ EX-FH20 関連タグ みんぽす 関連タグ モノフェローズ 関連タグ 夜景 関連タグ 月面写真 関連タグ スポット測光 関連タグ

    • 2008/11/16(日) 01:46:49|
    • レビューレポート
  4. | トラックバック(0)
  5. | コメント(0)|
  6. このページのトップへ
  7. 2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://julajp.blog53.fc2.com/tb.php/757-81368dd8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    登録済みサービス関連情報など
    : fc気まぐれなるままに??! と あわせて読みたい
    ex気まぐれなるままに~?! と あわせて読みたい
    エディタコミュニティ(edita) - julajpさん
    fc気まぐれなるままに~?!|にほんブログ村
    BlogPeople - ブログ情報ポータル・ブログランキング
    Blogジャンル別アクセス数ランキング-「ニュース・一般」部門 - BlogPeople
    http://seoparts.com/w/
    ご当地ブログ(神奈川) - BlogPeople
    Blogジャンル別アクセス数ランキング 「スポーツ・車・アウトドア / 車」部門- BlogPeople
    Blogジャンル別アクセス数ランキング 「趣味の世界 / コレクター」部門- BlogPeople
    BlogPeople ブログ紹介 - あなたの好きなブログの紹介コメントを書いたり評価してみよう。-fc気まぐれなるままに~?!
    相互リンク その他/その他 SEOパーツ
    車に関するブログ: テクノラティジャパン - ブログディレクトリー
    Blogジャンル別アクセス数ランキング-「趣味の世界 / コレクター」部門 - BlogPeople
    ゆーすけべー日記: 「これ☆ほしい」公開から2日目でのフィードバックまとめ
    fc気まぐれなるままに??! : ブログランキング ドット ネット
    きまぐれClips - クチコミ - BLOG360
    はてなブックマーク - julajpのきまぐれブックマーク
    きまぐれClips
    【 みんカラ 】 タグ - by carview
    【 みんカラ 】 ガンダム みんカラタグ - by carview
    GUNDAM 【 みんカラ 】 みんカラタグ - by carview
    GUNDAM【 みんカラ 】 タグ - by carview
    RSS フィード メーター - ex気まぐれなるままに~?!
    RSS フィード メーター - jula / きまぐれNOTE(Rider)
    RSS フィード メーター - fc気まぐれなるままに~?!
    人気ブログランキング - ■ fcきまぐれなるままにサイト情報







    FC2Ad

    みんぽす


    便利なサービス

    SugarSync このLinkからだと、無料5Gbに500 MBプラスで始められますよ~。
    SugarSync +500MB(2011/08/10現在)キャンペーン 


    DropBox このLinkからだと、無料2Gbに250 MBプラスで始められますよ~。
    DropBox +250MB(2011/08/10現在)キャンペーン 


    (どちらのサービスも、お互いに容量プラスになるので紹介する方もされるほうもお得 \(^o^)/。
    新規登録の際はリンク活用しないと勿体無いですよ?)(DropBoxはリンク経由せずに登録して、しまった~後の祭りorz~でした (T T) )

    Lc.ツリーカテゴリー

    あわせて読みたい

    fc気まぐれなるままに~?!
    あわせて読みたい

    みんカラ『きまぐれNOTE』

    あわせて読みたい

    ex気まぐれなるままに~?!

    あわせて読みたい

    きまぐれClips
    あわせて読みたい

    個別ページメニュー

    ▼WEBメールフォーム 
    コメント、メッセージ、メール等はこちらのメールフォーム、もしくは、WEBメールフォームページへのコメントを頂けましたら幸いです。

    ▼Amazon ガンダム他ホビー基本ジャンル分類済みページ
    HG,MG,PG,EX,MIA,EMIA,HCM-PRO等々Amazonのガンダムホビージャンル分けしています。


    ▼模型、トイ関連フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
    食玩、FusionWorksUltimeteOperation、MIA(MobileSuitinAction)、可動化、関節造成関連のフォトギャラリーはこちら。(別サイトに飛びます)
    ガンダマー・ドットコム
    ▼MIA、塩ビもの改造レコメンド
    aBa Contract Ride
    可動化の職人さんです。
    ちょっと真似しきれるものでは無い、珠玉の逸品ぞろい。

    mia-hall
    改造リペイントの作例満載です。
    作例庫を丹念に見ていくと、アイディア満載。
    ちょっと弄ってみたいなんてところも例として載っていますからリファレンスとして役に立ちますよ~。

    ▼Search/Transration 
    検索、トランスレーション系をあれこれ載せてます。
    ▼WEBサムネールショット 
    ▼(徹底検索)ガンプラストライクフリーダム(ストフリ)ポイント改修あれこれ 
    ▼MG ストライクフリーダム のイメージ検索
    ▼機動戦士ガンダムSEED THE HYPER HYBRID MODE 2nd 検索用ページ 
    ▼ガンダム関連、その他検索ページ 

    ▼日産NoteRiderFOGランプ自前取り付けはこちら(別サイトに飛びます)
    FOGランプ付きました。のりさんありがとう第2弾 - jula 【 みんカラ 】 ブログ

    ▼日産NoteRiderスプリング自前交換はこちら(別サイトに飛びます)
    スプリング交換実施~!!ノリさんありがとう~ - jula 【 みんカラ 】 ブログ

    整備手帳 jula 【 みんカラ 】 - by carview


    Ripre

    カレンダー(月別)

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    BP Links

    Blog People 相互等Links
    BlogPeopleで相互Linkしてみませんか by BlogPeople


    ◆BlogPeople検索(TrackBackCategoryを探しましょう)
    BlogPeopleで記事、トラバターゲット検索

    にほんブログ村/BP/Feed

    にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

    ◆ex人気ブログランキング - ex気まぐれなるままに~?! ◆mk人気ブログランキング - jula / きまぐれNOTE(Rider) ◆fc人気ブログランキング - fc気まぐれなるままに~?!
    ninki_blogbanner_04.gif★ 人気blogランキングへ ★

    track feed
    SEO:ガンダム SEO:動画 SEO:YouTube SEO:SEED SEO:日産 SEO:Google SEO:Yahoo SEO:Gundam

    サイトマップを表示する

    別窓でサイトマップを表示する

    全ての記事を表示する

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。