fc気まぐれなるままに~?!

ブロガーイベント、インターネット、ガンダム、車、動画、デジカメ写真など、気になったもの拾い出してネット検索しつつあれこれ書き連ねています。

ブログパーツ

ACR WEB List


良くご覧頂いているページ

良く参照して頂いているページAll

Scroll最近の記事


フリーエリア

    RICOH R10 マクロとフラッシュがわかり易い寄りたいだけ寄れるマクロ  

    この記事のカテゴリ レビューレポート |
    RICOH R10 マクロとフラッシュがわかり易い寄りたいだけ寄れるマクロ

    本ブログで登録している「みんぽす」にて
    コンパクトデジタルカメラ RICOH R10をお借りしました。

    このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

    • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

    • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


    「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

    みんぽすやモノフェローズって何?と思われた方、宜しければ上記のリンク確認して見てくださいね。
    みんぽす



    1

    こちらの画面では、ズームが広角側にあるため、マクロモード被写体に1cmまで寄れることを表示しています。
    また、フラッシュは発光禁止。

    あと、画面中央直下に水平標準器。

    垂直水平を問わないような被写体では特に不要みたいでした。
    建造物、水平線表現などが必要な場合は上手く使ってあげると良さそうです。

    ただ、水平垂直が特別問われない被写体や構図の場合は、自分なりの感性と言うか、独自の良さみたいなものを探す際に逆に余計になってしまうようです。

    ただし、この水平標準器はカメラ本体背面一番したのDispボタンの長押し操作で表示、非表示簡単に切り替えられます。
    また、Dispボタンでの表示モードで井桁の基準線を表示させる事が可能ですので、水平垂直が映える被写体、構図の場合は、そちらを使うのも手かもしれません。

    ところで、R10で撮影している様子を三脚しつらえた一眼で、左手レリーズで撮ると言う訳の判らない事をやっているんですが・・・。

    R10の3インチ液晶が大きく見やすくて綺麗なんですよね。
    この大きさではっきり見られると、液晶をキチント見ながら撮影するのが苦になりません。

    筐体一杯に広がった液晶をじっくり眺めながらの撮影がなかなか楽しみになります。



    2

    ズームでのマクロが広範囲に渡って利きますので、フォーカスポイントを変えつつ構図を探るのが楽しい。

    先ずは手前に来ているストライクフリーダム背中にピントを合わせて一枚。

    画面前面にドンと飛び込んで来ているストフリと、それを迎え撃たんとしている画面奥のディスティニーガンダムと言った感じの緊迫感みたいな感じで。


    又、CCDシフト方式の手ブレ補正をオンにしている為、シャッタースピードが遅くてもしっかり写ってくれます。

    尚、写真アップ先掲載容量制限などにより画像縮小し、Exif情報削除してしまっています。

    縮小している為本来の写真そのものでは無いのですが、参考までに画像縮小前のExif情報をテキストファイルでリンクしておきます。

    exif20081025_03_02.txt


    3


    exif20081025_03_03.txt

    ズームはそのままにピントを奥の被写体Distneyガンダムに変えています。

    カメラの視線はストライクフリーダムの先に居るディスティニーガンダムを捉え、迎え撃たんと力を溜め込んだ姿勢にひきつけられている!




    4


    exif20081025_03_04.txt

    こちらは前とはカメラの位置を変えつつ、クリアパーツで金色発光風表現された膝パーツにピント合わせてみたり。

    ドラグーンとビームサーベルの合間から渾身の一撃を打ち込まんと待ち受けるDestinyの姿。


    マクロモードと手ブレ補正のお陰で、暗めのセッティングの中でも様々な構図を探して切り抜いてみる、そんなチャンスが明らかに増えます。

    手ブレ補正無しの一眼だと、このくらいの光量だと、ここまで構図自由に撮れないのですよね。三脚無しだと先ず無理でそこまで一々セッティングし直すのもなかなか手間で時間かかっちゃいます。



    5


    exif20081025_03_05.txt

    という事は、小物などもあれこれ構図探しで遊べるのでは無いか?
    という事でズームで寄せたり、マクロで寄ったりを試してみたものです。
    ものは100円均一にあったクリアのキューブブロックです。

    あまり複雑さを狙わず、単純に適当に積み上げています。



    6


    exif20081025_03_06.txt

    左サイドから当てているライトと陰影、写りこみと透過なんてが面白く出てこないか?




    7


    exif20081025_03_07.txt

    ズームやマクロが相当利いてくれるため、20cmの高さがあるかないかの積み上げでも、下の方はかなりボケてくれる。



    8


    exif20081025_03_08.txt

    丁度ピントが来ているブロックのエッジに光が走りつつ、奥にはボケてぼんやり写るブロック。

    ライティングも代えず、キューブの積み上げも特に変えないまま面白く取れないものかあちこちから覗き込みながらこんな感じのものが気軽に撮れちゃうのはかなり面白いですね。






    RICOH R10 寄りたいだけ寄れるマクロ

    1


    exif20081025_04_01.txt

    この写真はオートでフラッシュ焚いています。

    最近100均に出回りだした容量40mlの水性アクリル塗料。乾けば耐水性が出るタイプとの事です。
    容量は30mlと減りますがパールやラメ入りなども。
    何かで使えないかな~と思いつつわらわら買ってしまいました。
    これなんてはフラッシュの光量落とすようにしてあげると良かったのでしょうね。

    オートブラケットやホワイトバランスを変えて試し撮りしてみましたが、今回はこの一枚。




    2


    exif20081025_04_02.txt

    そしてこちらは基本素体の原型を浅井氏が担当しているFIGMA。それのセーバーの顔パーツと簡易複製を試してみたものをアップで。
    因みにこのFIGMAセーバー全身の全長は13.5cm程度。この顔パーツの長さは1.4cm程度。

    被写体への距離3cm~5cmくらいだったと思います。

    小さいサイズの中、丹精な作りこみがばっちり写りこんでくれています。

    左上に写ったポリパテ複製の唇なんてを見てもらうと色合いの関係で陰影がはっきりして来て形状が確認しやすいと思います。



    3


    exif20081025_04_03.txt

    お湯丸と言う熱湯で柔らかくして、簡単な型を取る事が出来る樹脂に、ポリパテと光パテ、どちらもすぐに固まってくれるものでどの程度の複製が取れるのか試してみたものです。
    マクロのお陰で、肉眼直視よりも遙かに大きな拡大画像が得られました。


    4


    exif20081025_04_04.txt

    同様にFIGMAのジョイントなんても冗談で複製

    このJOINTそのものが入手できると、可動化改造とかに凄く有効そうなんですよね。



    5


    exif20081025_04_05.txt

    もともとのジョイントが材質を生かした食いつきがいい緻密なもの(円の直径6mm、ジョイントの厚み5mm、軸が約3mm、ジョイント中央の軸が2.3mmくらい)であるので簡易複製ではまるで使い物にはなりませんでした。
    まあ折角ですので大雑把な複製品削りこんで、間に0.2mm塩ビシートをワッシャ代わりにして挟みつつ、M2のボルトナットで挟んでみました。暫くは使えたのですが、材質の性質上、元のジョイントとの材質がまるで違うため強度や粘りの不足で崩壊してしまいました。

    しっかし、拡大するとこんな表面になっていたのか~。


    マクロで1cmなどまで寄る事ができると、気付かなかった表面の様子など垣間見れて興味深いですよね。

    あ~しまった、硬貨のクローズアップ辺りを写して見ればよかった~~。




    6


    exif20081025_04_06.txt

    でもって更にパチ組みのHGOOガンダムのプラモデル。
    電球色の蛍光管と、右下からも弱い別の光入れています。
    一番引いた状態だとこんな感じなんですが・・・。




    7


    exif20081025_04_07.txt

    寄せていくとこんな感じに。
    キチント整形と塗装が出来る人なら、かなりいい感じの写真に持ち込めそうではあります。


    8


    exif20081025_04_08.txt
    更にまだこんな感じで寄せられちゃいますし。

    ん~、この位ガンガン寄せられると、整面や塗装に荒があったりすると、それもばっちり映り込んじゃうのでしょうか?


    などと言った具合で室内での小物撮りでは、気軽に撮る形でもかなりの使い勝手がある事確認できました。

    今回の4部の記事の中では明示的に写真掲載していませんが、露出の変更、ホワイトバランスの変更を、オートブラケットで3枚撮ってくれたりします。

    又、画像設定と言う項目で、自動レベル、硬調、[普通]、軟調、カスタム設定、白黒、セピアとあり、硬調、軟調などはなかなか面白いものでした。


    硬調:機械、構築物、かっちり表現して欲しいもの
    軟調:動物、植物など光が拡散気味になってふんわり、やんわり表現して欲しいものなどに有効でした。


    またADJボタンでAE/AFターゲットを設定変更して撮影も可能ですので、じっくり撮るにも十分応えてくれます。


    各種メニューの階層が浅く、またADJボタンやFnボタンで少ない操作で良く使う、使いたい各機能を呼び出すのがとても容易になっています。

    色々な設定変更が可能でも、いちいちメニュー切り替えて設定変更してとかだと、撮影が途切れ途切れになっちゃうのですよね。

    その辺が素早く呼び出し変更可能ですぐに撮影に戻れる。
    そういう配慮、とても良く検討されているように思います。

    また、各操作でのレスポンスもなかなか小気味いい。

    そんな操作性の良さと、自分なりのお気に入りや感覚にあうバリエーション探しがとても楽しいカメラです。

    全自動では物足りず、もう一歩味付けしたい、自分好みに写したい、そんな要望がある人にはかなりお勧めの一台だと思えます。




    ところで画像設定の硬調、軟調と言った辺り、これも設定の度合いを簡易にスライダーで利かせ具合の強弱を簡単に調整出来ると面白いかな?と思えました。

    クリスマスシーズンとかのイルミネーションなどギラギラよりもソフトに光って欲しかったりするあたり、度合いを手早く調整したくなったりしそうです。


    写真って感性に響く部分いかに切り取り絵に仕立てられるか?なんて部分も楽しみの一つ。

    硬調、軟調だけでなく、暖か、寒たげ、静寂、躍動、彩り豊か、侘び寂び、華やか、締りがある、春めいた、秋の豊穣、夏の煌き、冬の凍てつき、そんな感性に訴えかけてくるような要素を強調してくれるような画像設定項目をぱっぱと切り替えながら選ぶことが出来たら面白そうだな~なんて思いました。

    写真撮影ってシーンによる適したセッティング条件はあるのですが、最近のISO高感度化と手ブレ補正の進展から行くと、従来の最適セッティングって、必ずしも守らなくてもいい部分あるのじゃないかと思うのですよね。

    シーンに適した条件で、模範的などこかで見たような同じような写真ばかりが撮れる。

    それよりも、そこから敢えて外れて感情を引き出す、感性表現を広げられる。コンデジだからこそ、正確さよりも面白さ、豊かさが引き立つような意外性も期待できる提案があっても面白いのじゃないかな?そんな事をふと考えさせるカメラだったりもします。




    長文、お付き合いいただきありがとうございます。
    RICOH R10記事、2本アップしました。

    記事まとめてご覧頂ける場合、以下のタグよりご参照願います。
    RICOH-R10


    こちら、RICOH-R10各記事の個別リンクです。
    各記事、個別でご覧頂くには、こちらのリンクをご利用ください。
    RICOH R10 重厚感溢れるスタイリング判り易い操作系
    RICOH R10 マクロとフラッシュがわかり易い寄りたいだけ寄れるマクロ



    みんぽす、モノフェローズ関連記事については、以下のタグよりご参照をお願い致します。
    みんぽす
    モノフェローズ




    尚、みんぽす での RICOH R10 のレビュー集約ページは以下になります。

    みんぽす - RICOH R10のレビュー:デジカメ > コンパクトデジタルカメラ > 1000万画素以上 > リコー

    色々な方々の記事ありますので是非参考にしてみてください

    テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/10/25 09:49 ]
    この記事と同じカテゴリ レビューレポート

    関連タグ RICOH 関連タグ RICOH-R10 関連タグ 関連タグ リコー 関連タグ みんぽす 関連タグ モノフェローズ 関連タグ デジタルカメラ 関連タグ コンデジ 関連タグ コンパクトデジタルカメラ 関連タグ R10

    • 2008/10/25(土) 09:49:29|
    • レビューレポート
  1. | トラックバック(0)
  2. | コメント(0)|
  3. このページのトップへ
  4. 2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11

    RICOH R10 重厚感溢れるスタイリング判り易い操作系 

    この記事のカテゴリ レビューレポート |
    RICOH R10 重厚感溢れるスタイリング
    1


    本ブログで登録している「みんぽす」にて
    コンパクトデジタルカメラ RICOH R10をお借りしました。

    このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

    • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

    • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


    「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

    みんぽすやモノフェローズって何?と思われた方、宜しければ上記のリンク確認して見てくださいね。

    みんぽす

    2

    RICOHと言えばGR DIGITAL GX100 GX200などもあって、コンパクトデジタルカメラの中でもなかなかの評判があるもの。

    プロフェッショナル向けのGR、GXシリーズに対してスタンダードモデルとしての位置づけのRシリーズ。



    3

    GRやGXシリーズだと流石にこれはいい写真だ!なんてものを撮って見せないと不味いよな~。

    流石にそこまでの腕も無いし、スタンダードモデルで調子良く撮れちゃったらいいよね~なんて思いつつだったりします。

    貸出機で届いたものはブラックボディ。
    コンデジだとわりとシルバーなんてが普及していると思いますが、この真っ黒いのは存在感があっていい感じです。



    4

    カメラ本体上部のヘアライン加工、そしてそこにプリントではなく、掘り込みの形で基本機能を綴ってあるあたり、質感があがり、重厚さまでも漂ってきます。

    で基本スペックの主なものですがこんな感じ。































    カメラ部有効画素数
    約1000万画素

    撮像素子
    1/2.3型CCD(総画素数 約1030万画素)

    焦点距離
    f=4.95~35.4mm
    (焦点距離の35mm換算値で28~200mm。

    F値
    F3.3(広角)~ F5.2(望遠)

    撮影距離範囲
    通常撮影:約30cm~∞(広角)、約1.0m~∞(望遠)(レンズ先端から)

    撮影距離範囲
    マクロ撮影:約1cm~∞(広角)、約25cm~∞(望遠)(レンズ先端から)

    ズーム倍率
    7.1倍光学ズーム(焦点距離の35mm換算値で28~200mm)デジタルズーム:4.8倍 光学ズーム併用 最大34.1倍(960mm相当)
    オートリサイズズーム:5.7倍※1 光学ズーム併用 最大40.7倍※1(1140mm相当)

    ブレ軽減機能
    CCDシフト方式ブレ補正機能

    画像モニター
    3.0型 透過型アモルファスシリコンTFT液晶 約46万ドット

    記録媒体

    SDメモリーカード(32、64、128、256、512MB、1GB、2GB)、
    SDHCメモリーカード(4GB、8GB、16GB)、内蔵メモリー(約54MB)

    質量
    約168g(バッテリー/SDメモリーカード/ストラップは含まず)、付属品約23g(バッテリー/ストラップ)


    重量では約168g+付属品約23g+SDメモリーで191g+αなんてとこ。

    軽すぎて、簡単に手ブレを誘発しちゃわない程度のとこです。

    厚みと背面右サイドの出っ張りもある程度ありますので、右手親指の本体の支えも効かせやすくなっています。
    又、やはりある程度の厚みと詰めすぎていない横幅があることで、左手を底面に添えて支えるのも自然に落ち着かせられる感じです。


    5

    そしてモードダイヤルにあるように、以下のようなモード

    ■オート撮影モード
    ■イージー撮影モード
    ■マイセッティングモード
    ■動画モード
    ■シーンモード
    ・ポートレート
    ・フェイス
    ・スポーツ
    ・遠景
    ・夜景
    ・夜景ポートレート
    ・高感度
    ・ズームマクロ
    ・斜め補正/文字

    マイセッティングでは、自分好みの初期値を設定保管できます。

    小物を良く撮る、昆虫、花などのクローズアップを良く撮る、そんな時に少しの補正ですぐに撮り始められる、そんな設定を自分なりに記憶させる事が可能です。

    撮影する対象やシーンに応じて、どういう初期値が有効で手間が少なくなるか?そこから微調整したいものは何か?その辺が掴めたり、自分が良く撮影するものなどが把握できると、非常に痒いとこに手が届くモードになり得ます。


    パワーオン、オフがちょっとしづらいと言うか。

    レンズのせり上がりが大きい分、誤ってパワーオンしてしまわないように配慮されているのでしょうか。
    パワーオンスイッチの周辺をもうちょっと切り欠いて貰えると押しやすくなるのかな?などと思いました。

    ただ、この辺は過去からのシーリーズで様々にあったトラブルなどの最適化を計った結果、落ち着いたところなのでしょうね。



    6

    本体正面。
    表面もプレーンでなく、若干の梨地になっているあたり、滑りを防いでくれつつ、指先に感触を伝えてくれます。右手グリップ部も固めのラバー系の樹脂が配されていることでホールドを高めてくれています。



    7

    黒など濃い色はパッとみの華やかさは無い替わりに、飽きが来難いっていう部分もありますね。

    勿論、表面であったり質感をキチンと表現する配慮があってこそのものですが。



    8

    パワーオンして本体に収まっていたレンズが伸びた状態。

    あ~こいつはいい感じに撮ってくれそう、そんな存在感と落ち着きなんてが漂ってくるかのような気配までも感じられちゃうぐらいなんですよね。

    このブラックボディのカメラ自身のスタイリングからくる印象は、ぱかぱか撮るよりじっくり撮ってよね~なんて事を訴えて来るかのようです。


    RICOH R10 判り易い操作系

    1

    RICOH R10
    カメラやビデオ、ガジェット好きなら、操作しながら基本プラスαの部分はすぐに引き出せる判り易くアクセスし易い操作体系が印象的です。

    さすがに一眼カメラなどでやりたいこと、詰め込まれている機能などがが少しばかりではありますが事前にイメージとしてあるからではあると思いますが。

    で無くても、ADJキーを上下左右、押し込むなんてやると、真っ先に調整や切り替えたい機能なんてがぱっと出てくるので馴染み易いです。



    2

    再生ボタンが専用にありますので、現在のモードやセッティングを保持したまま再生モード、撮影モードへの移行が一発でスムーズに行えます。

    ADJキーも小さすぎたり埋まりすぎたりせず、親指に良く係りやすい大きさと、適度なストローク感があり操作のストレスが非常に少ない。

    と言うか寧ろ、ついつい触りたくなってしまうと言う感じです。

    左に倒せばマクロモードへの移行。
    右に倒せばフラッシュモードの選択。
    上下に倒すとADJ.ボタン設定1に設定された調整項目が即座に呼び出し。
    工場出荷の状態では、露出補正が設定されていますが、これは好みのものに変更可能です。
    押し込めば、設定された5つの調整項目をどれか選んで即調整切り替えが可能。

    呼び出したい調整項目も自分なりに入れ替え可能で、自分好みに仕立てられる辺り、弄っていて嬉しくなってしまう部分もあります。



    3

    バッテリーとSDメモリーカードは本体の底側からアクセスするものです。
    専用のロックキーなどは無く、カバー部分を一旦スライドさせて開ける形です。



    4

    SDカードもカメラ本体カバー部分開いた後に、ラベル面を見ながらの抜き差しですので、感覚的に違和感なく、差し込む向きの間違えなど少ないと思います。



    5

    でいきなりですが、食玩を撮っていたり。

    これは右手親指でADJキーを左に押したことでマクロモードに移行した事を示すアイコンが表示された状態です。


    マクロモードに移行すると、ズームが広角側にある時は1cmまで寄る事ができます。
    また、ズームが望遠側にある時は25cmまで寄る事ができます。



    6

    ぶれてしまっていて見づらく申し訳ありません。
    こちらは右手親指でADJキーを右に押した状態です。

    これによってフラッシュの設定を呼び出しすぐに切り替えが可能です。



    7

    こちらはADJボタンを押し込んで、ADJ項目を呼び出した状態。
    工場出荷状態のままで、左からADJ設定1:[露出補正]、ADJ設定2:[ホワイトバランス]、ADJ設定3:[ISO]、ADJ設定4:[画質]の切り替え調整に移る事が可能です。

    ただし、左から5つ目のアイコン(AE/AFターゲット移動)は常時固定です。

    この写真ではADJボタンを押し込んだだけの状態で、R10液晶左端に、露出補正のスライダーが表示されています。
    尚、右下にはヒストグラムが表示されていたりします。



    8

    この写真では、ADJ設定4:[画質]でサイズ1:1を選択しています。
    また、マクロモードに設定、めい一杯までズームしているので、ズーム状況を示すスライダーが一番上。更にマクロモードを示すチューリップのアイコンと、望遠側に居るためマクロ撮影可能距離が被写体から25cm以上離れている必要があることを表示しています。
    更にフラッシュ発光禁止モード。
    一生懸命探さなくても、自然に視線に入るところに表示されているため、目に付きやすく確認し易くなっています。




    みんぽす って?
    http://www.minpos.com/


    ちょっとご紹介


    マスコミ、一般ユーザーの方による、みんなの本音で書かれた家電系商品レビューを集めたソーシャルブックマークサービスです。
    あなたがブログで書いた家電・ゲームのレビューや、お気に入りのレビューを投稿(ポスト)したり、気になる商品に関する好評価なレビューを読んだり、みんなのレビューを評価したりといった全てが無料でできます




    と言う具合でレビューや試用レポートが沢山集まっています。
    記事のスタイル、視点は書き手に委ねられています。
    また、気になる製品に関する記事でいいな~と思ったものがあったら、その記事をお勧め記事として紹介していく事もできます。

    その結果として、製品に関する様々なな視点、観点が集まっていて購入前にユーザー視点、プロ視点の情報を確認する事ができます。
    また、購入した後も気付いていなかった使い方、楽しみ方なんても掘り当てたり出来ちゃうなんて事もあります。


    長文、お付き合いいただきありがとうございます。
    RICOH R10記事、2本アップしました。

    記事まとめてご覧頂ける場合、以下のタグよりご参照願います。
    RICOH-R10


    こちら、RICOH-R10各記事の個別リンクです。
    各記事、個別でご覧頂くには、こちらのリンクをご利用ください。
    RICOH R10 重厚感溢れるスタイリング判り易い操作系
    RICOH R10 マクロとフラッシュがわかり易い寄りたいだけ寄れるマクロ



    みんぽす、モノフェローズ関連記事については、以下のタグよりご参照をお願い致します。
    みんぽす
    モノフェローズ




    尚、みんぽす での RICOH R10 のレビュー集約ページは以下になります。

    みんぽす - RICOH R10のレビュー:デジカメ > コンパクトデジタルカメラ > 1000万画素以上 > リコー

    色々な方々の記事ありますので是非参考にしてみてください。

    テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/10/25 08:32 ]
    この記事と同じカテゴリ レビューレポート

    関連タグ RICOH 関連タグ RICOH-R10 関連タグ 関連タグ リコー 関連タグ みんぽす 関連タグ モノフェローズ 関連タグ デジタルカメラ 関連タグ コンデジ 関連タグ コンパクトデジタルカメラ 関連タグ R10

    • 2008/10/25(土) 08:32:14|
    • レビューレポート
  5. | トラックバック(0)
  6. | コメント(0)|
  7. このページのトップへ
  8. 2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11

    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(メンテ編、まとめ編) 

    この記事のカテゴリ レビューレポート |
    HITACHI ROTARY XTAGE RM-TX798(メンテ編)

    本ブログで登録している「みんぽす」にて
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ 
    ROTARY XTAGE RM-TX798
     をお借りしました。

    このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

    • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

    • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


    「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

    みんぽすやモノフェローズって何?と思われた方、宜しければ上記のリンク確認して見てくださいね。


    うちではシェーバーは普段振動式のものを利用しています。
    流石にお値段張りますので一度買うとかなりの期間そのまま使い続ける形なんですよね。

    今回、今まで使った事の無いタイプのロータリー式と言う事でどんな具合なのか楽しみです。


    写真の方ですが、クリックして頂くと長辺1024pixのもので確認可能です。
    写真クリックして頂けると、別Windowで長辺1024pixの大きい写真ご確認頂けます




    尚、お貸し出し頂いたメーカーの製品詳細ページはこちらです。

    ロータリーエクステージ RM-TX798 : 日立の家電品


    1


    メンテに関してですが水洗い出来るのが特徴的でした。
    マニュアルにあるようにロータリーウォッシャーを装着して内刃をクリーニングできるのが便利です。


    2

    外刃も洗い流せるのが便利です。

    ただし、ひげそりかすなどが付着しても構わないシェーバー拭い用のウエスなどを用意していないと拭き取りが出来ません。

    まさか顔を拭うタオルや雑巾で拭き取る訳にもいきませんし。

    いちいち綺麗に拭い取ろうとしたら、現実的には使い捨てのティッシュペーパーになってきちゃいそうです。

    出来れば乾燥台みたいなものがあると便利そうに思います。

    シェーバーは横にセット、外刃、ロータリークリーナーも乾かし易いようにセット可能。

    せっけんの受け皿みたいな構造で下がトレーになっていて簡単に洗い流し拭き取れるようなもの。

    でないと、洗ったあといちいちティッシュなどで拭き取る必要が出る。

    もしくは洗面台に直に置くことになっちゃう。

    まあ、適当なお皿なりトレーを見繕ってそこに置いて乾かすようにすればいいのかもしれません。

    乾燥させる為とは言え、そのまま放置して乾かすのは嫁さんから、見苦しいからどうにかしろと不評を買ってしまうのですよね。


    3

    ロータリークリーナーはご覧のような形。

    スリットが開けられ水が流れ易くなっていますので剃りカスが変な形で飛び散らずにすいすい洗い流せました。


    4

    下の水抜きに大きく開いた空間があるため、辺に溜まりこまず剃りカスもどんどん流れていくようです。


    5

    また、ハンドソープで洗えてしまうのも便利ですね。
    殺菌作用が入ったものなど使えば更に安心だと思います。


    6

    ただし、水洗い、せっけん等使いクリーニング。
    そして乾いたところで注油が必要とのことです。

    実は今回注油までは試しませんでした。

    せっけん、水洗いを行って注油なしだと、ほんの少しですが、あたりがきつくなるような印象を受けました。

    水やせっけんでのクリーニングが可能ではありますが、その分注油などのメンテもより必要になるようです。


    7

    こんな感じで洗えてしまうのはいい感じです。

    ただ、朝のバタバタの中でいちいちせっけん洗浄までしてられないのが実のところだと思います。

    その為、簡易に水洗いして後は乾燥台にセットして放置しながら乾燥なんて出来ると楽なんじゃないかなと思えました。

    実は、外刃をごくざっくり洗い流して、ティッシュで水気をざっと拭いとる。
    往復振動式のようなつもりで、外刃をシェーバーにセット。
    その状態で1日置いたら、翌日に、におってしまたのですよね。

    水洗いできる分、拭き取りと乾燥がキチンと出来ていないと不味いようです。

    また、せっけん洗いをすることで内刃、外刃の油脂が洗い落とされサビやすくなる傾向が高まるのかもしれません。

    そんな辺りで、散らかしておいてあるように見えないように乾燥台を見繕って、そこで乾かす必要がありそうでした。

    HITACHI ROTARY XTAGE RM-TX798(まとめ編)

    1


    こちら、ロータリークリーナーをセットして洗浄した後の写真です。

    クリーニングの際、水が滞りなく良く流れるようなシンプルな構造となっているようで剃りカスも良く流れ落ちてくれます。


    2

    ロータリークリーナー洗浄だと内刃の刃先などに若干剃りカスが残りました。

    こちらはロータリークリーナーを外して再度水で流してあげることで殆ど流れ落ちました。


    3

    と言う感じで洗浄して拭き上げれば綺麗さっぱり。


    4

    念のためマニュアル、各部名称など。

    使うにあたって複雑な構造ではなくすんなり使えます。

    自分個人的には、スイッチはONとOFFのポジションがしっかりあって欲しかったりしました。


    5

    別記事に写真載せましたが電源アダプターは縦型よりは横型の方が使い勝手いいのではないかと思えます。

    後付属品。
    外出、出張、旅行などでは、結果的に全部携行せざるえないんじゃないかと思えました。

    私の場合ヒゲが濃いので、ほぼ毎度クリーニングしないとロータリーのトルク落ちも発生してしまうようでした。

    まあ、極端に伸ばして、無理強いして試していたという部分もありますが。

    そう考えると、本体を傷つけずにクリーナー関連もじゃらつかせずに全部携行できる。

    それと、簡易の洗浄乾燥トレーがあると(出来れば折り畳みや組み立て式で小さくなる)出張族の方もより気軽に扱えるのではないかなと思いました。


    6

    自分の場合は顎下など癖結構ありますので、普通の使用でも3分だとちょっと剃りきれなかったりします。

    その為基本交流直結で利用していました。


    7

    因みにこのシェーバー取り説によると簡単にニッケル水素バッテリーにアクセスできるそうです。


    8




    全体の印象など


    ・形状

    グリップは刃先に向かって太っていく半円錐型
    ただし途中にくびれもある

    手の大きさに大小されにくく手に馴染みやすい形状



    ・密着性

    グリップ部は手に馴染む円筒状なので、角度など任意に付け易い

    刃先のヘッド部分も多少圧をかけてしまっても追従し肌に密着してくれる


    ・剃りあげの感覚

    ロータリー式の為、カミソリ的な剃りあげの感覚に近いようです。
    内刃が一方向に回転しての外刃とかみ合わせて剃る形ですので剃れる方向が決まっています。
    その分、外刃、内刃の最適角度みたいなものを追い込み易いのかもしれません。

    何でもかんでも兎に角キャッチして深ぞりを実現しようとする往復振動式に比べて、肌への当たりがやさしいようです。


    このロータリー式を利用して気付いたのですが、往復振動式だと、シーェーバーを流していく方向とヒゲを剃る方向が一致しないのですね。

    ロータリー式はシェーバーを流していく方向に直行して刃が入る形
    その辺で、左右に強引にヒゲを引っ張り上げるような形にならず、肌への当たりも柔らかくなっているのかもしれません。


    逆に往復振動式は、シーェーバーを流していきつつ、内刃は左右に振れている。
    ヒゲが細かったり短かったりならば、特になんて事は無いかと思います。

    しかしヒゲが太かったり長かったりした場合、不自然にヒゲを左右に押しのけるような形になってしまうのだと思います。

    おそらくこの辺の剃れる方向の違いなどで、肌のひりつきなどが大分変わってくるのだと思えます。



    ・剃りカス

    巻き込む形で剃れるので、剃りカスが無駄に細かくならず飛び散りも少な目。

    ただし、その分剃りカスや油脂汚れが溜まると、回転トルク落ちに繋がるようです。



    ・水濡れ、せっけん使用での利便性

    夏場など、ひげを剃っているうちに汗をかいてしまったりする事があります。
    手持ちの往復振動式だと、汗をかくと剃る事自体が大変だったりします。
    しかしこのシェーバーだと、はなから濡れた状態での利用が前提となっているため、乾燥、水濡れ汗かき関係なく剃れるのがとても便利でした。


    ・気になったもの

    ACアダプタが縦型
    一般的なコンセントは縦に配置されたものが多いと思います。
    ACアダプタに関しては縦長型よりも横広の型が使い勝手が良さそう

    もしも可能であれば、アダプタとは別体でケーブルが伸びる
    もしくは、ACコンセント部分で90度回転可能な構造などあったら面白いかもしれません。



    ・長く伸ばしてしまった顎下の癖ヒゲなどは、際ゾリ歯じゃないと厳しい

    しかしキワゾリ刃を使うと、剃りカスの飛び散りがどうしても激しくなる

    水、シェービングフォーム等併用できる
    →際ゾリなどは、カミソリタイプのシェーバーでざっと剃ってしまえば、そりカスの飛び散りも気にならないかもしれません。



    ・バタバタしているときざっと流して一日放置してしてしまったらやはり匂います

    →水などを使う分、油脂皮脂などが混じって残っていると匂ってしまうようです。

    水、せっけん利用などの際は入念な手入れが必要



    ・出張などで持ち歩く事になった際

    上述のように、水洗いやせっけんなど併用した場合きっちり手入れが必要そうでした。
    出張族用にはアイテム全部詰め込めるセットがあると良さそう。
    出先でも使える簡易な乾燥用のコンパクトに折りたためる台があると便利そうに思えました。



    ・最後に

    このシェーバー一本で十分深剃りが可能でした。
    ただし水、せっけんを使うとその分のメンテが必要でした。

    メンテの手間を減らしつつ、自分にあった使い方、組み合わせを見つけられると手放し難い一台といえそうです。

    ヒゲがそこまで濃くない人なら大したメンテの手間もかからず、肌への負担も少なくガンガン剃り上げてくれそうです。

    昔のロータリー式などは、モーターの方が根を上げてトルク落ちが直ぐきてしまうものがありました。

    しかし、日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798、こいつの場合、辺に伸ばしたりせず毎日通常で使う分にはトルク落ちなども別段無く使えました。

    またひりつきも往復振動式に比べて少ない。

    かなりお勧めできる一品に思えました。

    お貸しいただき、どうもありがとうございました。



    長文、お付き合いいただきありがとうございます。
    日立ロータリーエクステージ記事、シリーズ記事として5本アップしました。

    記事まとめてご覧頂ける場合、以下のいづれかのタグよりご参照願います。
    ロータリーエクステージ
    ROTARY-XTAGE


    こちら、日立ロータリーエクステージ各記事の個別リンクです。
    各記事、個別でご覧頂くには、こちらのリンクをご利用ください。
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(外箱外観編)
    HITACHI ROTARY XTAGE RM-TX798(ヘッドと内刃外刃)
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(使用編A)
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(使用編B,C)
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(メンテ編、まとめ編)



    みんぽす、モノフェローズ関連記事については、以下のタグよりご参照をお願い致します。
    みんぽす
    モノフェローズ


    テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/10/10 04:00 ]
    この記事と同じカテゴリ レビューレポート

    関連タグ 日立 関連タグ ロータリーシェーバー 関連タグ 関連タグ ロータリーエクステージ 関連タグ ROTARY-XTAGE 関連タグ RM-TX798 関連タグ みんぽす 関連タグ モノフェローズ

    • 2008/10/10(金) 04:00:23|
    • レビューレポート
  9. | トラックバック(1)
  10. | コメント(0)|
  11. このページのトップへ
  12. 2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11

    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(使用編B,C) 

    この記事のカテゴリ レビューレポート |
    HITACHI ROTARY XTAGE RM-TX798(使用A)

    本ブログで登録している「みんぽす」にて
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ 
    ROTARY XTAGE RM-TX798
     をお借りしました。

    このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

    • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

    • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


    「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

    みんぽすやモノフェローズって何?と思われた方、宜しければ上記のリンク確認して見てくださいね。


    うちではシェーバーは普段振動式のものを利用しています。
    流石にお値段張りますので一度買うとかなりの期間そのまま使い続ける形なんですよね。

    今回、今まで使った事の無いタイプのロータリー式と言う事でどんな具合なのか楽しみです。

    使用編では、実際に剃った様子を写真を交えて紹介してみます。
    ヒゲソリをしている様子のヒゲ、肌、剃りカスなどのアップの写真となります。

    ひげ剃り最中の写真となりますので剃りカスなど、場合によってはお見苦しい写真などもあるかと思います。
    その辺り予めご了承願えますようお願いします。


    尚写真の方ですが、クリックして頂くと長辺1024pixのもので確認可能です。
    伸び具合、それ具合などをしっかり見てみたいという方いらっしゃいましたら、写真クリックして頂けると、別Windowで長辺1024pixの写真ご確認頂けます




    尚、お貸し出し頂いたメーカーの製品詳細ページはこちらです。

    ロータリーエクステージ RM-TX798 : 日立の家電品





    1


    という事でいきなりですが、早速先ず1回、顎下から頬下にかけてエクステージをあてていき剃った状態の写真です。

    ロータリーエクステージをお借りしていた夏休み中に、1日半程ヒゲを伸ばしてみた状態からのそれ具合の確認です。

    この写真はまさにエクステージをあてた1回目。
    一撫でしただけの状態です。


    さすが新品。
    と言うだけでなくなかなかいい感じに剃り落としてくれる感じです。

    さすがに一回で完璧に綺麗にそり落とすとまではいきません。

    でも3枚目の写真見て頂けると判るかと思いますが、ひげ結構な伸び具合で、
    手持ちの往復振動式のシェーバーで一撫でしただけだと一回でここまでは到底剃れません。


    顎下の首の部分のように横の方に向いたヒゲ
    ロータリー式の為か、、刃の当てかたがあっていないと流石にキャッチしきれないみたいです。

    ただ、無理矢理にはキャッチしないためか、往復振動式のようなひりつきとか少ないのですよね。

    2

    と言う訳でひげの生えている向きにあわせてぞりぞり行って見ました。
    ヒゲの向きとヒゲソリの向きが合ってヒゲをキャッチしてくれると、そこまでしつこくヒゲソリを一生懸命当てなくても、一度でなかなかの深剃りしてくれるようです。


    3

    で、このロータリーエクステージは水濡れ状態なんかでも剃れるとの事。
    それじゃと言う事で濡れた状態にしてみました。

    取説によると、濡らした状態ではヒゲソリ無理に肌に押し付けず、表面撫でるように剃ってくださいとのこと。


    4

    シェーバーをあまり肌に押し付けずにそろそろ這わしていく感じでこの通りでした。
    ヒゲが生えている部分をそれぞれ撫でていった程度ですがかなりそり落としてくれました。

    ここまで剃ってアレ?と思えたこと。

    手持ちの往復振動式シェーバーで水濡れ状態で剃ろうとしたら、顔面にヒゲの剃りカスがこびりついてとんでも無い状態になっちゃう。

    水濡らし対応品じゃないのですが、真夏の気温が上がりだした頃など、汗かいてくると途端にそりづらくなって、またそりカスが顔にこびりついちゃうのですよね。

    でもエクステージの場合、水濡らし状態で剃った場合でも、顔面に残った剃りカスって、この写真中央ちょい左下についているようにほんの少しなんですよね。

    顔に剃りカス残らず綺麗にそり落としていけると、鼻歌でも歌いながら気分良く剃り落としたくなるってな感じです。


    5

    で、実は泡もOKって事なんでお試し。
    シェービングフォームが無かったのですがハンドソープがあったので代用です。

    頬下、顎下のヒゲの生え方が横向いたりとなかなか剃りづらい厄介なところに挑戦。


    6

    泡ありだと、水濡らしだけに比べて、更に軽く流れるような感じで剃っていくことができました。
    ただ流れが良くなる分なのか、ひげの向きや癖がきつく厄介なところは、一度では刃との向きが合わず剃りきれないとこがが出ちゃいます。

    でも刃の向きが合っている部分はすんなり剃り落とせている。

    また、ヒゲのなだれが上手く合っていないとこまで無理矢理引っ掛けてしまいすぎない為なのか、往復振動式みたいなひりつきは少ないようです。

    7

    で、しばし格闘。
    初利用という事で、一体どこまでいけるものなのかと、ある意味むきになってしつこく剃り過ぎちゃいました。
    ちょっと押し付けすぎたりしてしまったため赤くなったり。
    吹き出物とかあるようなところも、構わずこれでもかとやらかしていたので赤いものちょっと付いたりしちゃいました。


    剃り具合を見定めたり写真撮りながらとかで15分くらい格闘していました~。

    ここまで掲載しているのは7枚ですが、お見せできる写真となるように、実際には倍以上の写真撮りながらだったりなんですよね。

    ロータリーシェーバーの方も、スイッチオンオフしながらですがしつこくやっていましたので流石にヘッドも熱もって来てました。

    モーターに溜まった熱が伝わってくるのでしょうね。

    8

    で、顎下など。

    床屋さんなどでヒゲ剃ってもらう要領で肌をピンと張った状態でヒゲをおこしつつじっくりシェーバー当てていく。

    そこまでじっくりしっかりとやっていくと、剃り残しもほぼ皆無というレベルまで綺麗に剃れました。

    今回使用の印象など。

    ・ロータリー式で剃りカスが内刃の中に巻き込まれるのか、ヒゲ剃りカスの飛び散りがとても少ない

    ・水濡らしで剃っても、顔面への剃りカスの付着が少ない。

    顔面に剃りカスが付着しちゃうと剃れているのかどうか判り難いですし、剃っているのか、カス拭っているのか判らなくなっちゃうのですがそれが殆ど無くいい感じでした。

    ・往復式だと無闇矢鱈にあちこち這わせる為、剃った後の肌のひりつきがあったりします。
    しかしロータリー式だと、刃が回転していますので、シェーバーを動かす方向にのみ刃先があたる。

    シェーバーがあたった際に横を向いてしまっているヒゲは無理矢理には掻き起こさないようです。

    その辺の為か、往復式のように無理矢理ヒゲを引っ掛けてでもそり落とすような感じにならず、結果的にひりつきが少ないようです。


    剃りカスの顔面への付着は少なく飛散も少ないです。
    その分、そりかすはシェーバーの方に貯まりますのでシェーバー自体の手入れは必須となります。

    特に水濡らしをしてのヒゲそりをした場合、手入れざっくりいい加減にすると暑い夏場の翌日などはにおいます。

    水濡らしで剃った場合、時間に追われているとき、出張などの際も手入れは欠かせない点は付いて回りそうです。


    長文、お付き合いいただきありがとうございます。
    日立ロータリーエクステージ記事、シリーズ記事として5本アップしました。

    記事まとめてご覧頂ける場合、以下のいづれかのタグよりご参照願います。
    ロータリーエクステージ
    ROTARY-XTAGE


    こちら、日立ロータリーエクステージ各記事の個別リンクです。
    各記事、個別でご覧頂くには、こちらのリンクをご利用ください。
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(外箱外観編)
    HITACHI ROTARY XTAGE RM-TX798(ヘッドと内刃外刃)
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(使用編A)
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(使用編B,C)
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(メンテ編、まとめ編)



    みんぽす、モノフェローズ関連記事については、以下のタグよりご参照をお願い致します。
    みんぽす
    モノフェローズ


    テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/10/10 03:16 ]
    この記事と同じカテゴリ レビューレポート

    関連タグ 日立 関連タグ ロータリーシェーバー 関連タグ 関連タグ ロータリーエクステージ 関連タグ ROTARY-XTAGE 関連タグ RM-TX798 関連タグ みんぽす 関連タグ モノフェローズ

    • 2008/10/10(金) 03:16:04|
    • レビューレポート
  13. | トラックバック(0)
  14. | コメント(0)|
  15. このページのトップへ
  16. 2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11

    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(使用編A) 

    この記事のカテゴリ レビューレポート |
    HITACHI ROTARY XTAGE RM-TX798(使用A)

    本ブログで登録している「みんぽす」にて
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ 
    ROTARY XTAGE RM-TX798
     をお借りしました。

    このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

    • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!

    • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!


    「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

    みんぽすやモノフェローズって何?と思われた方、宜しければ上記のリンク確認して見てくださいね。


    うちではシェーバーは普段振動式のものを利用しています。
    流石にお値段張りますので一度買うとかなりの期間そのまま使い続ける形なんですよね。

    今回、今まで使った事の無いタイプのロータリー式と言う事でどんな具合なのか楽しみです。

    使用編では、実際に剃った様子を写真を交えて紹介してみます。
    ヒゲソリをしている様子のヒゲ、肌、剃りカスなどのアップの写真となります。

    ひげ剃り最中の写真となりますので剃りカスなど、場合によってはお見苦しい写真などもあるかと思います。
    その辺り予めご了承願えますようお願いします。


    尚写真の方ですが、クリックして頂くと長辺1024pixのもので確認可能です。
    伸び具合、それ具合などをしっかり見てみたいという方いらっしゃいましたら、写真クリックして頂けると、別Windowで長辺1024pixの写真ご確認頂けます




    尚、お貸し出し頂いたメーカーの製品詳細ページはこちらです。

    ロータリーエクステージ RM-TX798 : 日立の家電品





    1


    という事でいきなりですが、早速先ず1回、顎下から頬下にかけてエクステージをあてていき剃った状態の写真です。

    ロータリーエクステージをお借りしていた夏休み中に、1日半程ヒゲを伸ばしてみた状態からのそれ具合の確認です。

    この写真はまさにエクステージをあてた1回目。
    一撫でしただけの状態です。


    さすが新品。
    と言うだけでなくなかなかいい感じに剃り落としてくれる感じです。

    さすがに一回で完璧に綺麗にそり落とすとまではいきません。

    でも3枚目の写真見て頂けると判るかと思いますが、ひげ結構な伸び具合で、
    手持ちの往復振動式のシェーバーで一撫でしただけだと一回でここまでは到底剃れません。


    顎下の首の部分のように横の方に向いたヒゲ
    ロータリー式の為か、、刃の当てかたがあっていないと流石にキャッチしきれないみたいです。

    ただ、無理矢理にはキャッチしないためか、往復振動式のようなひりつきとか少ないのですよね。

    2

    と言う訳でひげの生えている向きにあわせてぞりぞり行って見ました。
    ヒゲの向きとヒゲソリの向きが合ってヒゲをキャッチしてくれると、そこまでしつこくヒゲソリを一生懸命当てなくても、一度でなかなかの深剃りしてくれるようです。


    3

    で、このロータリーエクステージは水濡れ状態なんかでも剃れるとの事。
    それじゃと言う事で濡れた状態にしてみました。

    取説によると、濡らした状態ではヒゲソリ無理に肌に押し付けず、表面撫でるように剃ってくださいとのこと。


    4

    シェーバーをあまり肌に押し付けずにそろそろ這わしていく感じでこの通りでした。
    ヒゲが生えている部分をそれぞれ撫でていった程度ですがかなりそり落としてくれました。

    ここまで剃ってアレ?と思えたこと。

    手持ちの往復振動式シェーバーで水濡れ状態で剃ろうとしたら、顔面にヒゲの剃りカスがこびりついてとんでも無い状態になっちゃう。

    水濡らし対応品じゃないのですが、真夏の気温が上がりだした頃など、汗かいてくると途端にそりづらくなって、またそりカスが顔にこびりついちゃうのですよね。

    でもエクステージの場合、水濡らし状態で剃った場合でも、顔面に残った剃りカスって、この写真中央ちょい左下についているようにほんの少しなんですよね。

    顔に剃りカス残らず綺麗にそり落としていけると、鼻歌でも歌いながら気分良く剃り落としたくなるってな感じです。


    5

    で、実は泡もOKって事なんでお試し。
    シェービングフォームが無かったのですがハンドソープがあったので代用です。

    頬下、顎下のヒゲの生え方が横向いたりとなかなか剃りづらい厄介なところに挑戦。


    6

    泡ありだと、水濡らしだけに比べて、更に軽く流れるような感じで剃っていくことができました。
    ただ流れが良くなる分なのか、ひげの向きや癖がきつく厄介なところは、一度では刃との向きが合わず剃りきれないとこがが出ちゃいます。

    でも刃の向きが合っている部分はすんなり剃り落とせている。

    また、ヒゲのなだれが上手く合っていないとこまで無理矢理引っ掛けてしまいすぎない為なのか、往復振動式みたいなひりつきは少ないようです。

    7

    で、しばし格闘。
    初利用という事で、一体どこまでいけるものなのかと、ある意味むきになってしつこく剃り過ぎちゃいました。
    ちょっと押し付けすぎたりしてしまったため赤くなったり。
    吹き出物とかあるようなところも、構わずこれでもかとやらかしていたので赤いものちょっと付いたりしちゃいました。


    剃り具合を見定めたり写真撮りながらとかで15分くらい格闘していました~。

    ここまで掲載しているのは7枚ですが、お見せできる写真となるように、実際には倍以上の写真撮りながらだったりなんですよね。

    ロータリーシェーバーの方も、スイッチオンオフしながらですがしつこくやっていましたので流石にヘッドも熱もって来てました。

    モーターに溜まった熱が伝わってくるのでしょうね。

    8

    で、顎下など。

    床屋さんなどでヒゲ剃ってもらう要領で肌をピンと張った状態でヒゲをおこしつつじっくりシェーバー当てていく。

    そこまでじっくりしっかりとやっていくと、剃り残しもほぼ皆無というレベルまで綺麗に剃れました。

    今回使用の印象など。

    ・ロータリー式で剃りカスが内刃の中に巻き込まれるのか、ヒゲ剃りカスの飛び散りがとても少ない

    ・水濡らしで剃っても、顔面への剃りカスの付着が少ない。

    顔面に剃りカスが付着しちゃうと剃れているのかどうか判り難いですし、剃っているのか、カス拭っているのか判らなくなっちゃうのですがそれが殆ど無くいい感じでした。

    ・往復式だと無闇矢鱈にあちこち這わせる為、剃った後の肌のひりつきがあったりします。
    しかしロータリー式だと、刃が回転していますので、シェーバーを動かす方向にのみ刃先があたる。

    シェーバーがあたった際に横を向いてしまっているヒゲは無理矢理には掻き起こさないようです。

    その辺の為か、往復式のように無理矢理ヒゲを引っ掛けてでもそり落とすような感じにならず、結果的にひりつきが少ないようです。


    剃りカスの顔面への付着は少なく飛散も少ないです。
    その分、そりかすはシェーバーの方に貯まりますのでシェーバー自体の手入れは必須となります。

    特に水濡らしをしてのヒゲそりをした場合、手入れざっくりいい加減にすると暑い夏場の翌日などはにおいます。

    水濡らしで剃った場合、時間に追われているとき、出張などの際も手入れは欠かせない点は付いて回りそうです。


    長文、お付き合いいただきありがとうございます。
    日立ロータリーエクステージ記事、シリーズ記事として5本アップしました。

    記事まとめてご覧頂ける場合、以下のいづれかのタグよりご参照願います。
    ロータリーエクステージ
    ROTARY-XTAGE


    こちら、日立ロータリーエクステージ各記事の個別リンクです。
    各記事、個別でご覧頂くには、こちらのリンクをご利用ください。
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(外箱外観編)
    HITACHI ROTARY XTAGE RM-TX798(ヘッドと内刃外刃)
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(使用編A)
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(使用編B,C)
    日立ロータリーシェーバー ロータリーエクステージ RM-TX798(メンテ編、まとめ編)



    みんぽす、モノフェローズ関連記事については、以下のタグよりご参照をお願い致します。
    みんぽす
    モノフェローズ


    テーマ:電化製品 - ジャンル:ライフ


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/10/10 02:49 ]
    この記事と同じカテゴリ レビューレポート

    関連タグ 日立 関連タグ ロータリーシェーバー 関連タグ 関連タグ ロータリーエクステージ 関連タグ ROTARY-XTAGE 関連タグ RM-TX798 関連タグ みんぽす 関連タグ モノフェローズ

    • 2008/10/10(金) 02:49:43|
    • レビューレポート
  17. | トラックバック(0)
  18. | コメント(0)|
  19. このページのトップへ
  20. 2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11
    登録済みサービス関連情報など
    : fc気まぐれなるままに??! と あわせて読みたい
    ex気まぐれなるままに~?! と あわせて読みたい
    エディタコミュニティ(edita) - julajpさん
    fc気まぐれなるままに~?!|にほんブログ村
    BlogPeople - ブログ情報ポータル・ブログランキング
    Blogジャンル別アクセス数ランキング-「ニュース・一般」部門 - BlogPeople
    http://seoparts.com/w/
    ご当地ブログ(神奈川) - BlogPeople
    Blogジャンル別アクセス数ランキング 「スポーツ・車・アウトドア / 車」部門- BlogPeople
    Blogジャンル別アクセス数ランキング 「趣味の世界 / コレクター」部門- BlogPeople
    BlogPeople ブログ紹介 - あなたの好きなブログの紹介コメントを書いたり評価してみよう。-fc気まぐれなるままに~?!
    相互リンク その他/その他 SEOパーツ
    車に関するブログ: テクノラティジャパン - ブログディレクトリー
    Blogジャンル別アクセス数ランキング-「趣味の世界 / コレクター」部門 - BlogPeople
    ゆーすけべー日記: 「これ☆ほしい」公開から2日目でのフィードバックまとめ
    fc気まぐれなるままに??! : ブログランキング ドット ネット
    きまぐれClips - クチコミ - BLOG360
    はてなブックマーク - julajpのきまぐれブックマーク
    きまぐれClips
    【 みんカラ 】 タグ - by carview
    【 みんカラ 】 ガンダム みんカラタグ - by carview
    GUNDAM 【 みんカラ 】 みんカラタグ - by carview
    GUNDAM【 みんカラ 】 タグ - by carview
    RSS フィード メーター - ex気まぐれなるままに~?!
    RSS フィード メーター - jula / きまぐれNOTE(Rider)
    RSS フィード メーター - fc気まぐれなるままに~?!
    人気ブログランキング - ■ fcきまぐれなるままにサイト情報







    FC2Ad

    みんぽす


    便利なサービス

    SugarSync このLinkからだと、無料5Gbに500 MBプラスで始められますよ~。
    SugarSync +500MB(2011/08/10現在)キャンペーン 


    DropBox このLinkからだと、無料2Gbに250 MBプラスで始められますよ~。
    DropBox +250MB(2011/08/10現在)キャンペーン 


    (どちらのサービスも、お互いに容量プラスになるので紹介する方もされるほうもお得 \(^o^)/。
    新規登録の際はリンク活用しないと勿体無いですよ?)(DropBoxはリンク経由せずに登録して、しまった~後の祭りorz~でした (T T) )

    Lc.ツリーカテゴリー

    あわせて読みたい

    fc気まぐれなるままに~?!
    あわせて読みたい

    みんカラ『きまぐれNOTE』

    あわせて読みたい

    ex気まぐれなるままに~?!

    あわせて読みたい

    きまぐれClips
    あわせて読みたい

    個別ページメニュー

    ▼WEBメールフォーム 
    コメント、メッセージ、メール等はこちらのメールフォーム、もしくは、WEBメールフォームページへのコメントを頂けましたら幸いです。

    ▼Amazon ガンダム他ホビー基本ジャンル分類済みページ
    HG,MG,PG,EX,MIA,EMIA,HCM-PRO等々Amazonのガンダムホビージャンル分けしています。


    ▼模型、トイ関連フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
    食玩、FusionWorksUltimeteOperation、MIA(MobileSuitinAction)、可動化、関節造成関連のフォトギャラリーはこちら。(別サイトに飛びます)
    ガンダマー・ドットコム
    ▼MIA、塩ビもの改造レコメンド
    aBa Contract Ride
    可動化の職人さんです。
    ちょっと真似しきれるものでは無い、珠玉の逸品ぞろい。

    mia-hall
    改造リペイントの作例満載です。
    作例庫を丹念に見ていくと、アイディア満載。
    ちょっと弄ってみたいなんてところも例として載っていますからリファレンスとして役に立ちますよ~。

    ▼Search/Transration 
    検索、トランスレーション系をあれこれ載せてます。
    ▼WEBサムネールショット 
    ▼(徹底検索)ガンプラストライクフリーダム(ストフリ)ポイント改修あれこれ 
    ▼MG ストライクフリーダム のイメージ検索
    ▼機動戦士ガンダムSEED THE HYPER HYBRID MODE 2nd 検索用ページ 
    ▼ガンダム関連、その他検索ページ 

    ▼日産NoteRiderFOGランプ自前取り付けはこちら(別サイトに飛びます)
    FOGランプ付きました。のりさんありがとう第2弾 - jula 【 みんカラ 】 ブログ

    ▼日産NoteRiderスプリング自前交換はこちら(別サイトに飛びます)
    スプリング交換実施~!!ノリさんありがとう~ - jula 【 みんカラ 】 ブログ

    整備手帳 jula 【 みんカラ 】 - by carview


    Ripre

    カレンダー(月別)

    09 ≪│2008/10│≫ 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    BP Links

    Blog People 相互等Links
    BlogPeopleで相互Linkしてみませんか by BlogPeople


    ◆BlogPeople検索(TrackBackCategoryを探しましょう)
    BlogPeopleで記事、トラバターゲット検索

    にほんブログ村/BP/Feed

    にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

    ◆ex人気ブログランキング - ex気まぐれなるままに~?! ◆mk人気ブログランキング - jula / きまぐれNOTE(Rider) ◆fc人気ブログランキング - fc気まぐれなるままに~?!
    ninki_blogbanner_04.gif★ 人気blogランキングへ ★

    track feed
    SEO:ガンダム SEO:動画 SEO:YouTube SEO:SEED SEO:日産 SEO:Google SEO:Yahoo SEO:Gundam

    サイトマップを表示する

    別窓でサイトマップを表示する

    全ての記事を表示する

    全ての記事を表示する