fc気まぐれなるままに~?!

ブロガーイベント、インターネット、ガンダム、車、動画、デジカメ写真など、気になったもの拾い出してネット検索しつつあれこれ書き連ねています。

ブログパーツ

ACR WEB List


良くご覧頂いているページ

良く参照して頂いているページAll

Scroll最近の記事


フリーエリア

    スポンサーサイト 

    この記事のカテゴリ スポンサー広告 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ --/--/-- --:-- ]
    この記事と同じカテゴリ スポンサー広告



    • --/--/--(--) --:--:--|
    • スポンサー広告
  1. |
  2. このページのトップへ
  3. 2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

    エゴ、王の問い、託したくなるもの 

    この記事のカテゴリ つれづれ |
    まったく持ってとりとめない個人的な思いつきを並べただけですが。

    Fate/Zero #11 聖杯問答が面白かった。
    今度の土曜 12/17からニコニコ動画でも1週間限定配信。

    Fate/Zero - ニコニコチャンネル

    王とは?
    王とは孤独なものか?

    と言った問いと、それに対する具現化された解を提示してみせるあたり。

    世界や価値を王のみならず臣下配下の民で共有する。更に具現化し恋焦がらせてこその王、それを体現し示し道を切り拓いてこその王。

    この王という言葉を

    ブランド
    フラッグシップ

    キング
    恋焦がれ病まないもの
    魅力

    なんてあたりに置き換えたら。


    今までの日本のメジャーなメーカーは国策としての護送船団で保護を受け、メーカー故の世界や価値間とはまではいかないものの、メーカー自身が若者、チャレンジャーとして、価値観を世の中とシンクロ共有しながら、より豊かで向上した世の中を国家レベルで共有しその中の一つの駒として牽引していたと思われる。

    復興発展と言った上昇気流の勢いが衰えて全体としての方向性が維持できなくなり護送船団方式崩壊・解体後は、圧倒的な何か?を示すことができなくなってしまった。

    かってのお上ありき、お上優先で、どうしても国策に沿っているか?互いに権益、利益を享受できるか?なんてあたりのしがらみ?が出てきてしまうのだろうか。

    医療用機器を取り扱い、厚生労働省などとのつながりが強いカメラ系メーカーが保護され、省庁との関係が薄い新興IT企業が叩き潰されるなんてあたりはまさにそのものだろうし。


    ところで経済成長が停滞した国で提示し受け入れられやすいものは?

    安易に高級品や、価値を高めた(その分価格もあがった)高付加価値のものを提示していてはユーザー側が結局持たず続かない。
    価値が上がり、高くなれば買い替えの頻度も落ちて当然。

    となると一度輪に入ってもらったユーザーを逃さない。


    信頼
    安心
    サービス

    製品単体だけでなく、アフターケア含めたサービスの総合力

    先進性、期待感よりも安心感、信頼感。



    しかしそれは面白いのか。
    目を輝かせることができるのか?

    停滞した世の中でも新しい命が生まれ育まれる。
    本当に停滞しきってしまったら、破壊と再生からの再構築が必要なのだろう。

    丁度発生した震災といった有事さえも、できればチャンスとして上手く利用すべき。
    しかし見事に利権、権益、規制が動きを止めてしまった印象。

    そんな停滞した世界ではどうしても感動に出会える機会は減ってしまう。
    守りが最優先となってしまう。


    生命を、魂を揺するものに出会えるか?

    車であればやはり、圧倒的な性能を誇る高級車やスポーツカー。
    ガジェットであれば先進機能をこれでもかと詰め込んだ無茶な高級機やその試作品。
    コンセプトモデル。
    もしくはデザインとして圧倒的に目を見張る訴求力を秘めたもの。
    カメラもやはり到達点としてのフラッグシップがあると言う事実。
    そこから部分的ではあれ、フィードバックがかかっているであろうと言う期待。


    どこかで、圧倒的なエゴだけれども、非常に魅力的な価値を示し具現化できるか?

    王侯貴族不在でもエンジェルが居るアメリカだからこその、アメリカンドリームの一つの具現として、スティーブ・ジョブズが率いたアップル。
    土地や利権と言ったしがらみから離れた部分で、現実に即しつつブレが少ない普遍的な価値を問えたからこその世界展開。

    車であればフェラーリ、ランボールギーニなんてはエゴの塊だろうし。
    ロータスなんてもそのエゴの出方はお国柄だろうし。

    昔のヨーロッパでのブランドやパトロンは王侯貴族のエゴの体現でもあっただろうし。
    その作り上げあられ、具現化された価値を継承し続けることでの伝統。

    ドイツはベンツ、BMW

    では日本は?

    日本って、特別なものであっても垣根を取っ払って生活に取り込み直結連動しすぎてしまう。
    しかしそれこそが日本とも。

    すると、若者をターゲットにした、生活に直結する夢を提示ってのも大事。

    そういう意味では GT-R なんてはまさに日本らしい車なんだろう。
    また、ホンダと言えば、世界相手のGPに果敢に打って出た、チャレンジ精神旺盛なメーカーとしての認識。

    NSX なんてはホンダらしさの象徴。
    昔空冷エンジンで打って出たように、圧倒的なパワーよりも効率を最優先してみせる。
    アルミ素材をふんだんに使い軽量化、レスポンス良いエンジン、そして切れ味鋭いミッドシップ。



    ところで戦後派は、社会すべてが、若者、チャレンジャーで居られたのではないか。
    古いもの、古い価値を排除し新しいものに塗り替えることが良しとされた。
    夢見ることが良しとされた。

    その辺が普通であり常識と思い込んだ世代が、「今時の若者は」なんて言ったら、それはむしろ若者から大人になり、後進を育成することを怠ったからこそ出てきてしまう言葉になってしまうのではないだろうか。
    新しいもので塗り替えることが優先された世代、時代。
    温故知新、継承と言う感覚を喪失した世代。

    そんな世の中で育まれた世代が若者向けと言って提言するものは、時代錯誤で頓珍漢なものが出てきてしまうのは無理がないのかも。

    成長期故の未成熟な社会、特殊な一過性の潮流だったからこそなんて部分はあったのかも。

    そうなると、SNS、ソーシャルと言ったキーワードで世代間の継承が図りうるコミュニティはとても大事になってくるかも。

    メーカーとしてSONYはインフラや国策と離れた民衆、大衆による消費をメインターゲットにしていたからこそ、データ・コンテンツの取り扱いが最優先と刷新を図っている印象。

    日立・三菱といった旧財閥系、また東芝あたりはインフラなど社会的仕組みと密接な実物ありき。

    一方松下は白物家電が主体。

    今と今後の日本がメインターゲットだと、高機能・高級品では数はさばけない。

    となるとモバイルとカメラにスポット。

    シャープであればガラパゴス。

    カシオはG-Shock,コンデジなどをタイアップ・限定品としてなど。

    色々な訴求の仕方、セールスポイントはあるだろうけれども、エゴイスティックな拘りを持ったフラッグシップがあることでの訴求力、圧倒性。
    これには変えがたいものがあるんだろうな。

    そういうい訴求力、求心力。圧倒的な魅力や期待。
    安易に乗りがたい世の中ではあるけれども、徹底的なサービス主義よりも、期待や夢を託したくなるモノゴトをそれでも提示具現できる企業が、夢や理想スタイルを託したくなる羨望としてこれから嘱望されるんだろうな。

    それでも徹底的な現実を見定めたサービス主義体制を組めるところが、結局のところ強いのだろうけれども。
    スポンサーサイト

    テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2011/12/14 08:55 ]
    この記事と同じカテゴリ つれづれ



    • 2011/12/14(水) 08:55:36|
    • つれづれ
  4. | トラックバック(1)
  5. | コメント(0)|
  6. このページのトップへ
  7. 2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

    茜色に包まれる刻 

    この記事のカテゴリ つれづれ |
    なんだか窓の外がオレンジで夕焼けみたいね~

    と言われて、外を見てみると辺りがオレンジに包まれてました。
    うわ、これわとカメラ持ち出して外へ。

    夕陽を浴びた雲が、茜色のレフ板みたいな役割するのですかね。
    外に出た瞬間辺りが染まっていると言うか。
    色の付いた照明で照らされているかのように、辺りがオレンジ色で包まれるような感じにうわ~。

    散歩中の人々もなんか凄いな~なんて感じで辺り窺っているようでした。

    ともあれ住まいの住宅街の周辺うろうろしながら撮りました。


    6枚ほど


    http://www.flickr.com/photos/28942269@N05/sets/72157622676345829/

    住まいの周りは雑然とした住宅街
    しかも西方面がちょっと盛り上がっていたりして。
    なんとか学校のグランド越しと、陸橋の上から夕焼けを撮れました。


    11/13夕陽 11/13 夕日なんてので検索すると見事な夕陽映されているかたいるようです。
    ブログみていて茜色なんて色の表現。
    あ~まさにアキアカネの色そんな色で夕空が染まっていたな~。

    勤め出してからこういう夕景に遭遇するのも無かったのか気付かなかったのか。

    子供の頃の遠い記憶を探ってみると、そう言えば秋の夕暮れ、朱やオレンジに辺りが包まれて輝いているような事もあったな~などと思ってみたり。

    テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2009/11/15 11:32 ]
    この記事と同じカテゴリ つれづれ

    関連タグ 夕日 関連タグ 夕陽 関連タグ 夕焼け 関連タグ 関連タグ 夕空 関連タグ 茜色 関連タグ 夕景

    • 2009/11/15(日) 11:32:45|
    • つれづれ
  8. | トラックバック(0)
  9. | コメント(0)|
  10. このページのトップへ
  11. 2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

    自分はその時ブログを書いているのか、何が最後になるのか 

    この記事のカテゴリ つれづれ |
    自分はその時ブログを書いているのか、何が最後になるのか


    世界最高齢のブロガーが108歳で死去、最後の書き込みは… - Technobahn


    【Technobahn 2008/7/14 12:16】
    世界最高齢のブロガーとして知られてきたオーストラリア在住のオリーブ・ライリー(Olive Riley)さんが12日、療養中の療養ホームで死去していたことが明らかとなった。

     ライリーさんはallaboutolive.com.au(現在はworldsoldestblogger.blogspot.comというURLを使用)というURLで日々の生活で起きたことがら、感じたことがらを書き連ねる「ブログ」を公開。史上最高齢のブロガーとして注目を集めていた。




    書き込みの内容は上記記事を参照して頂くとして。

    いつかは命の灯火は消えてなくなる。
    一方ネット上の書き込みは残る。
    どのくらい残るのか?は良く判らない。

    現状、アクティブな管理者不在のページ、ブログについては、プロバイダーは管理対象からは排除したい方向だろう。

    ・広告出稿の場として古くなり意味をなさなくなる
    ・スパム等の溜まり場
    ・管理スペース上の問題

    などなど。

    サービスを提供している対象が亡くなった場合、権利、義務とか色々ややこしいだろうし。

    一方、ブログを書いて言る側としては?

    ・余命途絶えた後も是非残し続けて欲しい
    ・余命途絶えた後は即座に消去して欲しい
    ・家族に委ねる

    などがあるだろうか。

    例えば家族について色々書いている場合などは色々な側面がありそう。

    ただ、自身の社会的立場っていうのは大きく影響しそうだな。

    芸能人とか社長とか何かの専門家、作家など、その人だからこそ、なんて場合は残す価値高そう。

    そんな時専用に、永久アーカイブサービスとかそのうち出来てくるのだろうな。
    登録しておくと、ブログ筆者が亡くなったら、データごっそりサルベージして専用のアーカイブスペースに移転するとか。

    そう言う場合は、家族、何らかの問題が発生した場合の対処方針等々、綿密な取り決めが必要になっちゃうだろうけど。


    上記のような具体的なサービスが出て来ないと筆者不在のブログ、なんだかんだと増えるのじゃないかな。

    テーマ:本日の小ネタ - ジャンル:ブログ


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/07/15 10:09 ]
    この記事と同じカテゴリ つれづれ



    • 2008/07/15(火) 10:09:27|
    • つれづれ
  12. | トラックバック(0)
  13. | コメント(0)|
  14. このページのトップへ
  15. 2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

    『36倍売れた!仕組み思考術』の秘密とは? 

    この記事のカテゴリ つれづれ |
    『36倍売れた!仕組み思考術』の秘密とは?




    ・プレゼント企画に応募

    ライブドアパブリッシングより出版の『36倍売れた!仕組み思考術』
    AMNよりキャンペーンの案内がありこれに応募したところ献本頂き読ませて頂きました。


    ・手に取った印象

    『36倍売れた!仕組み思考術』

    本のタイトルや帯。
    その辺からはありがちな、何かいかにもなノウハウが書かれているのかな?なんて第一印象。


    ・読んでみると

    実際に読んでいくと、確かにノウハウなんだけど、そうじゃない。

    あれ?どうしてこういう構成になるのだろうという仕立てになっていました。


    ・おおまかな舞台背景

    本書は著者が営む保険代理店をモデルケースとしての、電話とDMを最適化した販売にまつわるお話でした。


    著者は保険の営業をされていたとのことですが独立。

    一生懸命頭を下げて売り歩くという事がどうしても馴染まない。
    そして「売らずに売れる方程式」がないか常々考えていたそうです。



    積極的な売りには出ないので、独立するも当初はもうどうにも立ち行かないとこまで行ってしまったのだとか。

    独立した事、関係各位に挨拶周りをしていたところ、たまたまの流れでお仕事頂けたとの事。

    でも売れる見込みは無い。そして実際の報告期日などはどんどん迫ってくる。

    出来ないとは言えない。

    兼ねてからマーケティングやセールスについての本を読んでいたところで、「売れる状態」を如何に作り出すか?に思い至ったそうです。

    そしてそれを実践、ブラッシュアップをしていった。

    すると、一生懸命売り歩かなくても売れてしまう。

    それは、頭を下げてしつこく食い下がるように一生懸命売る歩くのではなく、欲しいはずの人を見つけ出して、如何でしょうか?とふっと傍に置く。

    そんな仕組みに思い至ったとのことです。



    ・その気さえあれば、誰でも真似する事が可能


    そして『36倍売れた!仕組み思考術』で、難しい薀蓄は置いて置いて、先ず誰でもわかり、そしてその気さえあれば十分真似が可能なレベルまで細かくノウハウを惜しげもなく全開。

    ここまで見せてしまっていいの?

    それが序盤から中盤終わりまでがーっと掲載されているんです。


    巷に溢れる成功エピソードって、なる程と思えるけど、その人だからこそってのが殆ど。

    いざ真似してみようとすると、肝心なとこでどうにもならない部分があり、そこがすっぽり抜けている。

    あ~やっぱり、この人だからこそ出来るノウハウなのか・・・。


    でも、この本の場合、実際に営業されている方であれば、普段の資料作りなど確かにそう言われればと重なるような部分かなりあるんじゃないかと思われます。

    営業でなかなか上手く成果上がらない人は、なりふり構わず兎に角、先ずは猿真似でもいいから兎に角やって見て下さいと言わんばかり。

    この本では、著者じゃなければ出来ないという部分がある意味無いも同然。

    適切に転用すれば出来てしまう。そして当然結果が付いてくる仕組みとなっている。

    どうも、ある意味失敗のしようが無い誰でもやりさえすれば出来てしまう、そういう意図があっての惜しみない開示のようです。

    営業など立場が近い、取り組みが近いのであれば、容易に転用可能なレベルまで落としこんで具体的に開示されています。

    兎に角これでもかと言わんばかりに懇切丁寧に開示。

    そして終盤。

    やっと本質に突入しました。



    ・時代は変わり行く

    現代は自分で生きていける術を身につけていかなければ、何かの際は生きていけない事態に直面する危機も十分にありうる。

    もしも、そういう事態に直面している人が居るなら、先ず猿真似でいいから是非実践して見て欲しい。
    取りあえず真似れば、今までのやり方では到底望み得ない結果が現れる。



    そしたら、何故これが上手くいけるのかに立ち返って見て欲しい。


    今までの社会は、終身雇用の枠に収まっていれば順風万帆であった。

    しかし今やその時代は過ぎ去ってしまった。

    そして消費者もマスメディアのお墨付きなどではもう動かなくなってしまった。

    自分の気持ちを大事にして、自分で選びたい。

    そこに如何に合わせていくか。



    ・「売る」から「売れる」仕組みに落としこむ

    今は人のニーズに適合する。そして気持ちに響く。
    押し付けがましさ、今までのしつこいセールスを想起させてしまう。
    それを如何に排除してみせるか?

    その上で、いかに仕組みを作るか?

    著作の中では、ほんの一瞬しか触れられていませんが、仕組みを組み上げたら、それを様々に援用、転用、応用してみる。

    そうやって、組み上げた仕組みを一つの商売ジャンルなりに限定してしまうのではなく、色々な可能性に向け開いていく。

    複数の軸を持つ事で、どれかが不調となってしまったとしても、補填が利くように備えておく。

    時代やトレンドに応じた売れるものがあり、それは移ろい行くものでもある。



    ・応用、活用が可能な仕組みにし、更にネットワークのように組み上げていく

    「売る」のではなく「売れる」仕組みのエッセンスを如何に作り上げるか。
    それを果たす事で様々な応用が可能となる。

    更に、その仕組みを補助、強化していく事が出来ないか?と発展させていく。

    となると、結果的に出版や講演、コンサルティングという方向性に向かう。

    どうやら今後単なる営業から、更に売れる方向への飛躍を目指しているのじゃないか?

    様々なジャンルで「売れる状態」を見出し作り上げる。

    今後、これを如何に発展した姿として見せてくれるのか?が楽しみであったりします。


    ・所感

    本書は、保険代理店というモデルケースで話が繰り広げられています。
    形として一番マッチすると言うのもあるのだと思います。

    しかし、人って欲しいに火が付くと入手せずに居られなくなる。
    また、欲しいものや、必要なものって実は何かしら必ずあるんですよね。

    一方で買いたい、使いたいという状態に入ると、きちんと製品の情報やスペックを知りたい。
    そして評判も知りたい。

    そんな具合に、自分から調べたり問い合わせていく。

    ただ、そこでいかにもな押し付けがましいセールストークに出会ってしまうと兎に角断ってしまいたくなる。

    心に響く物、情報を入念に用意し、選択を委ね、いかに自発に訴えるか?

    確かに今、そういう時代に変わったと思います。

    そして、周囲を眺めるとそういうやり方をしているところは実際にある。

    関心のあるところに如何に適切に置いてみせるか。
    ここ、なんとかものにしてみたいと思います。

    それには、自分がより関心を持っている必要があり興味や関心を如何に結びつけ広げていくか?なんてあたりとても大事そうです。


    36倍売れた! 仕組み思考術 (単行本) 田中 正博 (著)

    36倍売れた! 仕組み思考術36倍売れた! 仕組み思考術
    田中 正博

    ライブドアパブリッシング 2008-07-03
    売り上げランキング : 3365
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools




    テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/07/14 05:12 ]
    この記事と同じカテゴリ つれづれ

    関連タグ 36倍売れた 関連タグ 仕組み思考術 関連タグ 36倍売れた!仕組み思考術 関連タグ ライブドアパブリッシング 関連タグ AMN

    • 2008/07/14(月) 05:12:18|
    • つれづれ
  16. | トラックバック(0)
  17. | コメント(2)|
  18. このページのトップへ
  19. 2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

    2008/06 今月はなんだかバタバタしている 

    この記事のカテゴリ つれづれ |
    2008/06 今月はなんだかバタバタしている。

    • みんぽす、モノフェローズ関連
    • PX-5600モニター
    • 髪がいい加減伸びてしまったので床屋
    • 子供の授業参観
    • 車検見積もり
    • 車検出し&一緒にリコール対応
    • 液晶モニター故障、状況確認
    • 液晶モニター代替え
    • ADSL入替え
       単体接続はいけるけど無線LANルーター経由がNG
       アップデートかけようとしたらフリーズ起こして無線LANルーター故障
    • 車検引取り




    みんぽすご紹介頂き、モノフェローズ選定して頂きました。
    あれこれモニターさせて頂きたいところだけど、ちょうどバタバタしているのでちょっと手が出ない。


    Epson プロセレクションPX-5600モニター機
    設置場所の関係でなかなかモニターに取り掛かれなかったり
    プロ品質のプリンターだと、自宅がラボになりうる
    ただ、それには、それに見合う機材、資材、資料も揃えたいところ
    プリンターとの色見をいかに近づけるか?なんてあたり、モニターの正確さ、調整幅、モニター自体の分解能がとても響いてしまう。
    思わず色チャートや出力サンプルを漁ってモニターと睨めっこ。
    Epsonサイトにあるモニターの設定の仕方等々の講座をちょっと覗いておくと、案外為になる。


    髪がいい加減伸びてしまったので床屋(倭髪)
    小さなお子さんの世話でなかなか大変との事


    子供の授業参観
    子供の活気はすさまじいな~
    うちの子は(自分に似て?!)おとなしいけど~


    車検見積もり
    前の車、CAPAの時と比べてトータルの費用安くなっている
    どうも諸経費関連で安くなっているみたい


    車検出し&一緒にリコール対応
    初代ノートではCVTでリコール対象部品があった。
    リコール時期引き伸ばしてしまっていたけど、車検の際にあわせてと言う事で、今回車検とリコール対応を同時にやってもらう。
    白のノートライダーとは1週間のしばしのお別れ。
    でも替わりに黒いノートが代車だけど(爆


    代車は1年後マイナーの日産ノート
    ギア比変更パターンの見直しがされているみたいで、700~2000回転あたりでの加速のもたつきが大分解消されている。エアコン付けていても、それほどもたつかず加速してくれる。
    初代ノートもマイナー後のECUに変更することで、この加速フィール得られるなら欲しいとこだな~。
    って予算は無いけど・・・。

    あ、あとシートも噂どおりで、サイドのサポートが利くようになっていて収まりが良くなっている。

    代車29000kmの走行距離あるためか、足回りもしっくり落ち着いている感じ。
    走行距離が大して伸びていないと、猫足風のフワフワが強く気持ち悪いけど、この代車のノートはそれほどじゃなかった。
    ユーロサスか標準サスなのかが判らないけど。
    因みにNAVIとインテリジェントキー電動ミラーが付いているので、いつものノート感覚で乗れるのは楽。



    故障した代替えとして出来る限り廉価に済ませようとした液晶モニター
    WIDE化の方向が進んでいて価格が安くてもコントラスト比などが細かくなっているものも出てきている。
    廉価ではあっても、それなりの分解能での表示が可能なものもチラホラ。
    量産効果などでパーツや技術もこなれて来ているのだろうか。

    LGの20.1インチ 1500*1050 2007/03モデルが展示特価だったのでこれにした。
    Acer 3台限りの20インチ特価品もあって悩んだけど LG の方が液晶モニターは年季はいっているんじゃないかな~と思ったので。
    いくらなんでもアナログコネクターしかない液晶じゃ、デジタル信号を意識した作りなんて期待出来る訳も無いからそれはパス。
    PC二台動かしているので切替えも欲しいし。
    そうなると、三菱の17インチで出費抑える感じしか無いかと。
    最近の三菱の液晶は他社であまりない、バックライトやパネル含んでの3年保証。
    廉価だけど安全確実を手に入れるにはまあこれが妥当なんだろうけど。

    そうこうしてみていると、HUNDAI製19インチ液晶モニターが同じ値段。
    三菱よりはほんの少しだけど解像度良好な様子。
    でも、電源アダプターとか特殊形状だったり、ものがあまり聞かないHUNDAIだったのでパス。

    購入したLGの展示品液晶モニターは三菱に対してプラス20k
    これで解像度も良くなり、更に表示も17→20.1と言う事で何気にグレードアップ幅が大きい。

    ただ、パネル部の保証は1年みたいなので、もちの方がどうなんだろうかと言うのはあるのだけど・・・。


    ADSL変更のお試し
    ADSL50Mのプランで伝送損失22dB 上り10M~11Mが出ているのでまあまあか。
    手持ち無線LANルーターファームウェアアップデートでフリーズして逝ってしまった。
    何らか代替えとかどうだろうと無線の無いブロードバンドルーターを見てみたら、
    2K台~3k台など、初心者用BBルーターとして随分安いモデルが出ている。

    今、モバイルや無線であれこれという状態でも無いのでBBルーターでその場凌ぐのもいいかな。

    車検に出した車を引き取りに行く際に、BBルーターチェックして価格コム同等だったら購入って感じか。


    HP 2133 Mini-note PC
    無線付きモデル出してくるのか。
    いつでもどこでもとなると、確かに無線付きが欲しいとこだろうけど、通信部分もうちょっと安くならないときつそうだな。

    何故かフォンのアンテナをモニター設置などする夢を見たけどあれはなんだったんだろう?

    テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/06/25 13:20 ]
    この記事と同じカテゴリ つれづれ



    • 2008/06/25(水) 13:20:13|
    • つれづれ
  20. | トラックバック(0)
  21. | コメント(0)|
  22. このページのトップへ
  23. 2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

    ううメインの液晶が逝ってしまった・・・。 

    この記事のカテゴリ つれづれ |
    ううメインの液晶が逝ってしまった・・・。

    BlogChartって奴のの測定を実施したら、画面が真っ暗・・・。

    ?????

    何だ??

    測定ボタンを押したら、画面一瞬微妙にフラッシュさせるんだけど、それ自体は基本関係無さそうなんだけど。

    でググッタ先で見かけた価格.COMでの書き込み。

    液晶とカラー信号は来ているけど、バックライトが一瞬で消えてしまうという症状。

    液晶の電源オン
    画面一瞬映る
    しかしその瞬間、1秒後くらいの直ぐに消えてしまう。
    電源は来ている。
    じっと覗き込むと、なんだかWindowのタイトルバーらしきものはある様子。

    どうも、映った直後に、バックライトが消えるみたい。
    節電モードに突入しちゃうのだろうか?

    一瞬映る状態を確認しつつ液晶のリセットを実施試みるも状況は変わらず。


    なんとかお古で映りが悪いCRTに繋げて見る事は出来る状態。

    う~む、資金難でどうしたもんだか・・・。
    ちゃんと映る中古の液晶辺り探す感じかな。

    テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/06/20 04:09 ]
    この記事と同じカテゴリ つれづれ



    • 2008/06/20(金) 04:09:55|
    • つれづれ
  24. | トラックバック(0)
  25. | コメント(0)|
  26. このページのトップへ
  27. 2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

    お疲れ中気分なので脳内ブログお任せ~ 

    この記事のカテゴリ つれづれ |
    お疲れ中気分なので脳内ブログお任せ~

    超旬なところで、少しは宇宙ネタみたいの期待しつつ・・・


    エンデバー の 2008年03月14日 の脳内ブログ


    2008年03月14日



    あー、7時のニュース見忘れた!!!!

    最近始めたぼっけもんに夢中だったよー(´Д`)

    ショックでか~

    goo×うそこメーカー



    そうなんですよね~、最近TV中心じゃないし、後追いで動画確認できたりしますしね~。


    土井隆雄 の 2008年03月14日 の脳内ブログ


    2008年03月14日



    会社の近くの甘味処に新作デザートが、登場!

    そのホイップされたシェイクのまろやかなところと、

    トッピングにパチンコ玉が付いてるところが、超ツボです。

    しばらく、ハマってしまいそうです。

    goo×うそこメーカー



    な、なんですと。
    スペースシャトルの中でそんなスイーツ(笑)頂いているんですか!!
    なんと掟破りな。


    国際宇宙ステーション の 2008年03月14日 の脳内ブログ


    2008年03月14日



    今日食べたもの



    朝:ケーキ・1カット

    昼:大戸屋のとろとろ煮

    夜:ハンバーグ900g



    (今日の反省)

    最近、ずっと、ファイヤーしてたのに、

    久しぶりに、ドカ食いしてしまいました。

    家帰ったら岩盤浴して、株売りに出しちゃお!

    goo×うそこメーカー



    国際宇宙ステーションって、そんなとこだったのですね・・・。
    月面とかから希金属掘り当てたらなかなか凄いかも。


    って、もうちょっとSFとか宇宙に夢持てるようなネタにしてくれ~。

    期待した自分が甘かった orz

    ま、でも自分からこう言う記事書くぞ!という気乗りしない時に使えるか~。

    テーマ:本日の小ネタ - ジャンル:ブログ


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/03/14 15:39 ]
    この記事と同じカテゴリ つれづれ

    関連タグ エンデバー 関連タグ 土井隆雄 関連タグ 国際宇宙ステーション

    • 2008/03/14(金) 15:39:50|
    • つれづれ
  28. | トラックバック(1)
  29. | コメント(0)|
  30. このページのトップへ
  31. 2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

    「無題」に秘められた問いかけと、人それぞれの発見、落としどころ 

    この記事のカテゴリ つれづれ |
    「無題」に秘められた問いかけと、人それぞれの発見、落としどころ


     絵画や彫刻なんかの美術作品で、「無題」って作品をよく見かける。

     とても不思議だ。

     たとえばメッセージ性のある深遠なタイトルをつけ、作品そのものとの相乗効果で自分の創作意図をより有効にアナウンスしよう、とか考えないのかな。

     そんな俗事に構わないのが本物の天才なんだろうけど。

    「無題」の絵画ってすごく不思議だ - すちゃらかな日常 松岡美樹
    goo ブログ松岡美樹 さんの記事より



    確かに「無題」って不思議だ。



    ○簡単な経緯




    ここ一連(2008/02~)でブログ記事の見出しについてお二方の間で一騒動があった。

    流れを順にまとめられていたので先ずこちらを見て頂くとと判り易いかもしれない。

    id:pbh さん記事
    松岡美樹 x id:marubon:見出し引用問題私的まとめ - 幸せの鐘が鳴(r


    詳細はお二方の記事を見てもらえるとそれぞれの様子が見えてくるかと思う。


    id:matsuoka_miki さん記事
    http://blog.goo.ne.jp/matsuoka_miki/e/4d89d37ffb22f06dfef63e319756d7f0


    id:marubon さん記事
    当ブログにおけます記事の見出し問題について - 踊る肉とパイナップル


    ○ふと思った事があるのだとしたら




    上記のような、ここ一連のブログ記事のタイトルについてのやりとりがあり、思いをふと漏らしような形で投げてみたたのだと思う。


    おそらく

    「記事を括るタイトルって大事だよね?」

    「なんで自分の記事にちゃんとタイトルを付けてあげないのだろう?」

    「これじゃ「無題」って言っているようなもので主張にもならないものを放置、放棄しているも同様じゃない。」



    あくまでこちらの一方的な推測だけど、松岡氏のそんな思いが漏れ出てきたのかもしれない。




    ところでこの「無題」っていうキーワードの設定が気になって、あれこれ考えてしまった。





    ○先ずは松岡氏の立場などを想像してみると?




    松岡氏は文筆を主体として生活されている様子。

    記事名に著作権が必ずしも認められて居ないように規定されていたとしても、それを安易に受け入れ”はいそうですか”という訳にはいかないだろう。


    自身の放つ記事は、収入にも関わる事でただなんとなく安易にネットに放流する訳ではない。


    • そのひとつひとつが自身の作品や子供とも等しきもの。
    • それらを勝手に使ったり、模倣されてはたまったものではない。
    • また、予め読者へののネタ振りでもあるだろう。


    ああ、どうぞどうぞと安易にそれを認めれば、自己矛盾に陥ってしまう。

    自分が書いた記事内容を代表し、それを括り現すタイトルであれば尚のこと。

    人間で言えば、様々なものが詰まった総体としての人名にも近しい。



    ただ、ブログの場合はそれが原稿料と直結する訳で無いので、必ずしもそこまで気合がこもっているとは限らないだろう。


    それでも、気軽に書けるブログとは言えやっぱり気合入れまくって書く事もあると思う。
    しっかり推敲し送り出した記事。それに対して、カジュアルにコピーされた自身の記事タイトルを見かけてしまったら、やはり心穏やかでは居られないだろう。


    気軽にみえがちなブログ記事と、その反対の生活がかかった原稿。

    今までの様々なトライ&エラーのすえに到ったフリーライターというポジション。

    ブログとは言え、世に公表したものは今まで辿ってきた足跡の結晶の一つ。



    松岡氏にとっては、自ら踏み固め築きあげてきた自負が少なからずあるだろう。

    文筆で収入を得ている訳でもなく、手軽だからブログに書いちゃえ~と言うあり方とは正反対の取り組みをして来ているだろうから。

    だからこそ、たかだかブログの記事なんだからと言う扱いや取り組みには余計に憤りを感じてしまうのは当然だろう。



    実は過去にもっと入り組んで捻れてこじれた事などがあり、それを回避する為にも強固に出たのかもしれない。

    ご本人の事はご本人や極近しい人にしか判らないのが本当のところ。

    と、とりあえず松岡氏の思いについての憶測はここまで。



    ○何故無題?



    ところで松岡氏記事タイトルにある”無題”。

    もしも自分が無題にするとしたら、こんな感じなのかなと言う想像。


    ただ流石に流石にブログ記事を無題にする事はないだろうけど。

    あ、そう言えば以前、ブログ記事にタイトルつけたつもりが抜けてしまっていた事はあったか。fc2だとはてなみたいなインターフェースでなく、編集完了後記事は表示されない。あれこれやる事があって、保存してさて次なんて感じでやらかしてしまっていた。

    それはさておき彫刻や塑像など、コトバではなく実際の物であったりアクションやパフォーマンスなどの場合は、必ずしもタイトルをつけ難い事があるかもしれない。


    物として形づくる、既に形ある物を壊す崩すなど。


    主張よりもやった事や、何故こうなってしまうのか?そんなものを問いたい、投げかけてみたい。

    もしくはじっと見つめて見て欲しいという場合、下手なタイトルをつけるよりも見て触って感じてもらって欲しい。

    そこからその人なりに思いを馳せて欲しい。
    あれこれ思いを巡らせて見て欲しい。

    その末で、そうしたかったらその人にとって最も相応しいタイトルを自分なりにつけて欲しい。そんなケースはあると思う。



    ○衝動というか、なんだかぽこっと出てきてしまったというか



    自分でも理解しがたいとき


    • 何故だか判らないけど、作らずに居られない

    • 何故だか判らないけど、壊さずにいられない



    恋や仕事、主張が受け入れられずむしゃくしゃしている。

    そのむしゃくしゃしたり落ち込んでいる真最中。

    その時はそれがなんであるのかなんてまるで認識できていない。

    ブースターでも作動しているかのように気持ちばかりがOverDriveして、自分の意識とは別に勝手に体が動いたり、言い難い自意識から外れた情念が渦巻いたり。


    そんな時、まさにその真最中では到底タイトルや気持ちを何かで括って認識する事なんてできない。



    一方造型系の作家なんかだと、ただこねまわして居る事で心が落ち着いたり閃いたり気持ちがまとまる事もあるかもしれない。


    他にも感情が高ぶった時に叫びまくるだったり、ちょっと叫び散らすわけにはいかない時に、ペンをノートにぶつけてもうあれこれ殴り書きしたり。


    それをやっている時は無我夢中。

    ひとしきりそれをやって落ち着く。


    しばらく間を置いて、後からやっと見えてくる事もある。





    ○意識と無意識、好きに到るまでの過程




    例えば人が、「私はあなたが好きだ」という意識にはっきりと到るまでには?



    どうも気になる、これはなんだろう。

    この気持ち何?

    この感情は?


    あ、もしかしてと気付く。

    このままでいいの?




    この場合「私はあなたが好きだ」というタイトルめいたものありきじゃなくて、過程を辿る事で気づく。

    過程がありそれをまとめる事でどうやら「好き」と括れる。


    これって一体何?

    一言で言い難い、根源的な、何か揺れてしまうような事。

    感情を揺さぶったり。




    コトバで表現し難い。

    そういうものは案外溢れている。

    寧ろコトバやタイトルで括ってしまうことで、判り易く明確になる代償として失われる側面やディテールもあるだろう。


    過程や渦巻いたコトバで表現しがたい情念などをコトバ以外で表現したい。


    何だかはっきりとは判らないけどありのままを感じてみて欲しい。


    自分なりに思い返して照合してみて欲しい。

    そんな時あえて「無題」という形を取るのかもしれない。



    人はタイトルで、その人が体験や見聞きしたその人なりの想像をめぐらす。

    決して作者と全く同じ思いをもてる訳では無い。

    でも、気持ちが揺すられるとか、何かの思いが芽生えるような気持ちの共有は、ひょっとしたら出来るかもしれない。そんなとき、下手なタイトルで括るのは逆効果と考える事もあるかもしれない。


    ○あるいは




    もしも人が何事もありのままに全て受け取り受け止める事ができるなら、名前やタイトルなんて要らないのかもしれない。


    寧ろ”無題”のままで固まっておらずゆらゆら揺れているのが自然な状態かもしれない。



    しかし人は、ありのままなんてそう感単に受け入れられるものでは無い。



    自分の認識をはっきりさせる為には無題ではなく、なんらかの括りや明確な識別が必要。


    時間や年数が経てそれがやがて変わっていくだろうけど、その一瞬をはっきりさせる為にくくりが必要。



    ○ところでいきなりママと赤ちゃんの話



    苦労や腐心して生み出した作品は、ある意味子供のように大切なもの。

    そんな作品と子供を無理矢理対比してみちゃう。



    世のママさんは、こういう事なんですよなんてきちんとした訴えやタイトルで括られていなくても自分のあかちゃんが、何故泣くのか軽々理解してしまう。


    • お腹すいた
    • 眠い
    • オムツの中が気持ち悪い
    • どこか痛い
    • 熱がある

    等々


    男にはその差なんてまるでわからない些細な違い、違和感。
    そういうものを軽々見分けてしまう。

    勿論そこには愛情、愛おしさ、母性本能など女性ならではの感と経験、感受性が作用しているのだろうけど。




    もしも女性や上記のような母性故に、自分で書いた記事にしても、そもそも自分のものと言う感覚自体が薄かったならば?

    自他を明確に分ける事をそこまで拘らなくなってしまうかもしれない。

    タイトルなんて別にどうだっていいじゃん、みたいな感じで。


    ○公開したもの、作品、文章には様々な命めいたものが宿り得るかもしれない




    自分の作品ではあるのだけれど、他者の目に触れその中に入り込んだとき、独自の命や意味が宿るかもしれない。

    タイトルの有無に関わらず、人を動かす何か。

    タイトルがあるからこそ惹かれる何か。



    ○それを形にしてみせたのは誰?




    でも、それを綴り生み出したのは人。

    その文章の裏に人が潜んでいる。


    その人はどんな人なのか?

    もしも括るとしたらどんなイメージで括るのか?



    良く見つめてみたり、見ざる得ない、相手せざるえない。

    そういう時は、言葉や表現だけでなく裏に潜んだ真意を見いだせられたらと思う。

    いちいち全部なんては到底ありえないけど。

    更に感情に火が付いたらそうそうそんな冷静な見方は出来ないだろうけど。




    ○でもね~




    男はそんなの関係無く、これは僕のだ~って叫びたいんですよね。

    稼ぎ、働きを他人や会社、組織に認めてもらわなきゃおまんまのくいっぱぐれとなってしまう。



    ○そうやってふと思ってみると




    失恋とかだと、良く男の方が簡単に捨てられず、ずるずる引きずってしまう。

    女性はあっさりすっぱり、さっぱり捨てて忘れて切り替えちゃう。

    なんてのは良く言われますね。


    実際女性は出産から子育てなど状況、環境の変化が本当に激しい。

    いちいちタイトルなんて付ける以前に対応して動かざる得ない。


    男は自分がやったことに一生懸命意義や意味、タイトルつけてうだうだ。

    じゃないと認めてもらえませんから。



    世の女性には、男のこういう情け無い子供っぽい、事情もあることにも気付いてくれたらな~と思う次第です。


    愛情感じられなければ無理?

    そりゃごもっとも・・・



    それには、もっと可愛げでも無いといかんですね・・・。


    そうやってみるとなんとタイムリーな


    id:ululun さん記事
    松岡美樹さんはid:marubonさんに対して「すちゃらか」でいるべきだと思うんだ - 煩悩是道場


    女性は子供産むとコトバなんてわからなくても、タイトルでいちいち示されていなくても皆わかっちゃう。


    でも男って子供生めるわけでもなく、やっと書いた作品を子供代わりに、これが俺のだ!って主張するしかないんですよね。

    俺がフリーライターだ!俺が部長だ!俺がガンダムだ!って感じで。

    最後が余計過ぎる・・・ orz


    そんな調子で、男って得てして意地っ張りの「すちゃらか」野郎ですから。


    諌められっぱなしの松岡さんになりかわり、すちゃらかな落としどころで・・・。


    とか言いながら、実際には自己弁護を兼ねて~。

    テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ


    ninki_blogbanner_04.gif
    ありがとうございます。いずれか一押し、励みになります。



    [ 2008/03/01 19:54 ]
    この記事と同じカテゴリ つれづれ



    • 2008/03/01(土) 19:54:26|
    • つれづれ
  32. | トラックバック(0)
  33. | コメント(0)|
  34. このページのトップへ
  35. 2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02
    登録済みサービス関連情報など
    : fc気まぐれなるままに??! と あわせて読みたい
    ex気まぐれなるままに~?! と あわせて読みたい
    エディタコミュニティ(edita) - julajpさん
    fc気まぐれなるままに~?!|にほんブログ村
    BlogPeople - ブログ情報ポータル・ブログランキング
    Blogジャンル別アクセス数ランキング-「ニュース・一般」部門 - BlogPeople
    http://seoparts.com/w/
    ご当地ブログ(神奈川) - BlogPeople
    Blogジャンル別アクセス数ランキング 「スポーツ・車・アウトドア / 車」部門- BlogPeople
    Blogジャンル別アクセス数ランキング 「趣味の世界 / コレクター」部門- BlogPeople
    BlogPeople ブログ紹介 - あなたの好きなブログの紹介コメントを書いたり評価してみよう。-fc気まぐれなるままに~?!
    相互リンク その他/その他 SEOパーツ
    車に関するブログ: テクノラティジャパン - ブログディレクトリー
    Blogジャンル別アクセス数ランキング-「趣味の世界 / コレクター」部門 - BlogPeople
    ゆーすけべー日記: 「これ☆ほしい」公開から2日目でのフィードバックまとめ
    fc気まぐれなるままに??! : ブログランキング ドット ネット
    きまぐれClips - クチコミ - BLOG360
    はてなブックマーク - julajpのきまぐれブックマーク
    きまぐれClips
    【 みんカラ 】 タグ - by carview
    【 みんカラ 】 ガンダム みんカラタグ - by carview
    GUNDAM 【 みんカラ 】 みんカラタグ - by carview
    GUNDAM【 みんカラ 】 タグ - by carview
    RSS フィード メーター - ex気まぐれなるままに~?!
    RSS フィード メーター - jula / きまぐれNOTE(Rider)
    RSS フィード メーター - fc気まぐれなるままに~?!
    人気ブログランキング - ■ fcきまぐれなるままにサイト情報




    より過去のページへ


    みんぽす


    便利なサービス

    SugarSync このLinkからだと、無料5Gbに500 MBプラスで始められますよ~。
    SugarSync +500MB(2011/08/10現在)キャンペーン 


    DropBox このLinkからだと、無料2Gbに250 MBプラスで始められますよ~。
    DropBox +250MB(2011/08/10現在)キャンペーン 


    (どちらのサービスも、お互いに容量プラスになるので紹介する方もされるほうもお得 \(^o^)/。
    新規登録の際はリンク活用しないと勿体無いですよ?)(DropBoxはリンク経由せずに登録して、しまった~後の祭りorz~でした (T T) )

    Lc.ツリーカテゴリー

    あわせて読みたい

    fc気まぐれなるままに~?!
    あわせて読みたい

    みんカラ『きまぐれNOTE』

    あわせて読みたい

    ex気まぐれなるままに~?!

    あわせて読みたい

    きまぐれClips
    あわせて読みたい

    個別ページメニュー

    ▼WEBメールフォーム 
    コメント、メッセージ、メール等はこちらのメールフォーム、もしくは、WEBメールフォームページへのコメントを頂けましたら幸いです。

    ▼Amazon ガンダム他ホビー基本ジャンル分類済みページ
    HG,MG,PG,EX,MIA,EMIA,HCM-PRO等々Amazonのガンダムホビージャンル分けしています。


    ▼模型、トイ関連フォトギャラリー jula 【 みんカラ 】 - by carview
    食玩、FusionWorksUltimeteOperation、MIA(MobileSuitinAction)、可動化、関節造成関連のフォトギャラリーはこちら。(別サイトに飛びます)
    ガンダマー・ドットコム
    ▼MIA、塩ビもの改造レコメンド
    aBa Contract Ride
    可動化の職人さんです。
    ちょっと真似しきれるものでは無い、珠玉の逸品ぞろい。

    mia-hall
    改造リペイントの作例満載です。
    作例庫を丹念に見ていくと、アイディア満載。
    ちょっと弄ってみたいなんてところも例として載っていますからリファレンスとして役に立ちますよ~。

    ▼Search/Transration 
    検索、トランスレーション系をあれこれ載せてます。
    ▼WEBサムネールショット 
    ▼(徹底検索)ガンプラストライクフリーダム(ストフリ)ポイント改修あれこれ 
    ▼MG ストライクフリーダム のイメージ検索
    ▼機動戦士ガンダムSEED THE HYPER HYBRID MODE 2nd 検索用ページ 
    ▼ガンダム関連、その他検索ページ 

    ▼日産NoteRiderFOGランプ自前取り付けはこちら(別サイトに飛びます)
    FOGランプ付きました。のりさんありがとう第2弾 - jula 【 みんカラ 】 ブログ

    ▼日産NoteRiderスプリング自前交換はこちら(別サイトに飛びます)
    スプリング交換実施~!!ノリさんありがとう~ - jula 【 みんカラ 】 ブログ

    整備手帳 jula 【 みんカラ 】 - by carview


    Ripre

    カレンダー(月別)

    12 ≪│2017/01│≫ 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    BP Links

    Blog People 相互等Links
    BlogPeopleで相互Linkしてみませんか by BlogPeople


    ◆BlogPeople検索(TrackBackCategoryを探しましょう)
    BlogPeopleで記事、トラバターゲット検索

    にほんブログ村/BP/Feed

    にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ

    ◆ex人気ブログランキング - ex気まぐれなるままに~?! ◆mk人気ブログランキング - jula / きまぐれNOTE(Rider) ◆fc人気ブログランキング - fc気まぐれなるままに~?!
    ninki_blogbanner_04.gif★ 人気blogランキングへ ★

    track feed
    SEO:ガンダム SEO:動画 SEO:YouTube SEO:SEED SEO:日産 SEO:Google SEO:Yahoo SEO:Gundam

    サイトマップを表示する

    別窓でサイトマップを表示する

    全ての記事を表示する

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。